天皇賞(秋)2018年 傾向は覆される

2018年の天皇賞はワグネリアン、ディアドラG1馬2頭が回避して13頭という少頭数。過去は多頭数でも1番人気の成績はよく、少頭数になれば競馬は人気馬が楽なのかも知れない。

前走レースから傾向を見れば毎日王冠、宝塚記念、札幌記念からの天皇賞秋の勝ち馬が多い。

レース一覧

日付 馬名 前走 前走人気 前走着順
171029 キタサンブラック 宝塚記念G1 1
161030 モーリス 札幌記念G2 1
151101 ラブリーデイ 京都大賞G2 1
141102 スピルバーグ 毎日王冠G2 5
131027 ジャスタウェイ 毎日王冠G2 6
121028 エイシンフラッシュ 毎日王冠G2 2
111030 トーセンジョーダン 札幌記念G2 1
101031 ブエナビスタ 宝塚記念G1 1
091101 カンパニー 毎日王冠G2 4
081102 ウオッカ 毎日王冠G2 1

集計期間:2008.11. 2 ~ 2017.10.29

札幌記念はモーリスとトーセンジョーダンが勝っているが、ムーア、ビンナの外国人騎手が乗っていた。
今年の札幌記念の勝ち馬はサングレーサー、モレイラ騎手とパターンは合致しているがどうなるだろう。

1番人気のスワーヴリチャードは前走安田記念
2番人気レイデオロはオールカマー
このステップからの優勝馬は過去10年ではいない。

傾向は覆されるもの!?

今年のルメール騎手には逆らわない方がいいとは思う。
しかし、天皇賞秋の2番人気の優勝馬が過去いなことから単勝では買いずらい。

今年はこれが逃げるという確たる馬がいない。

スワーヴリチャードの先行押切か?
逃げ切りか?

展開ではこの馬が有利な気がする。

結論だが、また外国人騎手を無視することにした。

ルメール、デムーロ、武豊、モレイラ。
順番が入れ変わるだけで終わるのだろうか?

アルアイン、キセキ、ミッキーロケット

この3頭に頑張ってもらいたい。
だが、アルアインの前走はオールカマーだから傾向には合わない。

キセキ、ミッキーロケットの2頭残り。
ミッキーロケットは8番人気で複勝率が低すぎる。

ということで残ったのはキセキだ。

キセキは毎日王冠組。
前走は先行して粘り上りも先行勢では上々だ。

脚質転換を試した毎日王冠。
本番はこの天皇賞秋というのは考えすぎだろうか?

単勝・複勝10番 キセキ

東京9R 河口湖特別

単勝、複勝 3番 アオイサンシャイン

3番、5番、11番 馬連・ワイドBOX

昨日はメール予想で東京9レース国立特別の予想を配信しました。

朝の時点で単勝11番人気の馬の複勝を推奨していました。
なんとその馬が1着になってしまうという嬉しい誤算が起きました。
あるパターンをに該当していたので弱気で推奨しました。

今日は9レースアオイサンシャインは単勝候補、5番、11番が
来てくれたらワイドも結構つくかもしれません。

そんなに甘くはないのが馬券の世界ですが・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする