有馬記念(2022年)

今年の競馬の締めくくり有馬記念。28日水曜日が今年の最終競馬がありますが、多くの競馬ファンは有馬記念が一年の計だと思う人も多いでしょう。

2022年は個人的には大きなマイナスを強いられました。

その原因は競馬を初めてから馬券は単・複と決めて買っていましたが、2022年は馬連を主流に3連単・3連複を買い続けていました。

たまたま万馬券が的中したのを根拠に買い続けた年でしたが敢え無く惨敗。
収支がー100万を超えてしまいました。

今日の有馬記念を的中させてもこの100万越えのマイナスは取り戻せないでしょう。

そこで「初心に帰ること」にしました。

単勝・複勝で本日の有馬記念以降の馬券は単勝・複勝だけを買うことにします。

有馬記念予想。

イクイノックス、タイトルホルダーが抜けた人気になっています。
このどちらかが、勝つ確率は非常に高いのですが、2番人気であるタイトルホルダーは、人気になりすぎだと思っています。

凱旋門賞の疲れはどうなのでしょう?あの土砂降りの泥んこ馬場で走ったことで疲れは簡単にとれないでしょう。これだけ人気があるということは多くのファンは「疲れはない」という判断をしたのですが、私は「とれていない」という判断をしました。

凱旋門賞で健闘し上位入線したのならともかく、タイトルホルダーは体力の疲労もあり、負けたことのコンプレックスのようなものも持ったのだと思うのです。

以上のことから、タイトルホルダーは見送ります。
そして有馬記念は1番人気が傾向的に強いこともありますから勝つ馬はイクイノックスだと思います。

イクイノックスの単勝なのですが、1番人気の単勝を買うという選択肢が私にありません。1番人気を買う時は単勝オッズが4.0倍~4.9倍といういつから考えたか忘れましたが、私のセオリーの中にあります。

イクイノックスの単勝は昼のオッズは2.9倍ですから買えない単勝馬券なのです。
色々と検討した結果3番のボルドグフーシュを選びました。6番人気で11.9倍の単勝オッズです。鞍上は最後の有馬記念騎乗になる福永騎手。

菊花賞ではハナ差の2着に敗れましたが、後ろから行っていた馬が、4コーナーでは4番手と押し上げています。有馬記念は菊花賞上位馬が強いレースでもあります。

中山の2500mで同じようの競馬ができれば上位はあると考えます。

結論

イクイノックスに肉薄できるかがカギですが、なんとか「へばり」付いて差してくれることを願って

単勝・複勝 3番 ボルドグフーシュ 単勝(5,000円)複勝(10,000円)を買います。

単複以外の馬券を買う方。馬連は人気薄の決着はないと見ています。
3番、9番、5番、6番 この組み合わせでいいのではないでしょうか。

馬連の予想は今回のみです。次回からは単勝・複勝だけの予想となります。

 

では次回ホープフルSでこのサイトを更新します。

タイトルとURLをコピーしました