予想をする?しない?優柔不断な結論

ブログを再開させていただきます。

2019年末にこのブログを更新したのを最後に10か月ほどお休みをいただきました。
2年連続の収支マイナスに予想を出すほどの実力はないと判断したためです。

それと並行してこのブログも更新を一度もせずに放っておきましが10月1日より再開いたします。

とは言っても以前からそれほど人気のあるブログでもないので興味のない方が大半でしょう。
独りよがりの傾向が強いブログではあります。
それをさらに磨きをかけていきたいと思います。

さてブログを再開するということは「さぞや高回収だろう」とか
「勝っているのだろう。」とか思われる方もいると思います。

しかし、ご期待にそうような勝ち組ではありません。

今年の成績は9月27日現在の画像を張り付けておきました。

馬券購入額は100万円を超えています。が、トータル成績は20数万円マイナスしています。
これを今年中にプラスにもっていこうとしていますが、厳しい状況です。
救いはまだ84%の回収率があるということで自分を納得させています。

馬券馬鹿の極致

毎週万単位の馬券を購入しているのですから幸せ者です。
まぁ、馬券を買わない人から見れば「馬鹿の極致」なのかもしれません。

振り返れば2004年~2006年は馬券で生活していました。
馬券生活は楽しめた代わりに実際の生活は厳しかったのが現実です。
独身じゃなかったらこのような生活はできなかったでしょう。

確固とした予想法や馬券の哲学など持ち合わせず土日の開催のレースをすべて買う。
財布に持ち合わせた金がなくなると銀行に走る。

そんなギャンブル依存症の自分がそこにいました。

15、16年後の現在の自分はその時とはあまり大差がありません。
確固とした予想法・馬券哲学など今も持ち合わせていない。

ただ、のべつ幕無し馬券を買いあさるということはなくなりました。
負けすぎた。お金が足りない。そういう理由もあるにはあるのです。
しかし、馬券の収支は過去から現在プラスの年もあり、マイナスの年もあり

ギャンブル依存症と自分で思いながらも借金はせずに現在まできています。

競馬ギャンブル依存症のちょっとした自慢

これは凄いことだと自分で思うのです。
もっと違うことにお金を使えと言われればそれまでですが・・・

「借金がない」これだけが自慢です。

若い頃、まだ競馬を始める以前は酷い借金でした。
パチンコ依存症。でした。

借金の山。部屋代も払えなかったことを考えるとそのころと比較して
なんと真面目になったのだろうと思います。

恥ずかしくて、この頃のことは口にも出しませんが、酷い生活を送っていたものです。
失ったものが多すぎました。

競馬を初めてからはパチンコ通いは極端に減りました。
パチンコで負けて馬券を買えないことが耐えられなかったからです。

恐ろしや~ビギナーズラック

競馬の何にそんなに魅力を感じたのかは未だに解りません。
きっと競馬を始めた年の有馬記念。1991年12月です。

先輩の家で競馬観戦していたこの年の有馬記念。
名前で買ったダイユウサクが1着で飛び込んできました。
単勝137.9倍を1000円。
馬連 メジロマックイーンとダイユウサク100円

これが的中した時を思い出すと体が震えます。
ビギナーズラックだったと思います。
これ以来、競馬にハマりました。

単勝を買った理由は先輩の長男の名前が「優作」でした。
「ゆうさく」に当たったら小遣いあげる。

それくらいの感覚だったと思います。

それ以来単勝を買っていますが、単勝万馬券は一度も的中したことがありません。
というか100倍を超える単勝を買えた記憶がないのです。

恐ろしやビギナーズラック。これで競馬にハマっていくのでしょう。

話があちらこちらにいって申し訳ございません。

今日はブログを更新します。

それだけの趣旨だったのですが要らないことまで話が飛んでしまいました。

競馬予想を出すか?出さないかもまだ決めていません。
G1シリーズに突入していくのでG1だけは予想しようとは思います。
しかし、予想に自信がなくてブログを更新していない人間が予想を出しても
いいのでしょうか?

予想を出すかどうかは結論は先延ばし、出したいときには出そう。
優柔不断で自分勝手な結論で終わらせていただきます。

では、週末にまた更新いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。