馬体重は気にしなくていい?

「競馬では馬体重が多いほうがいい。」とよく言われます。私は何十年もそう思い込んでいました。今年のダービーも最後決定した要因は馬体重でしたが・・・

下に過去10年のダービーの馬体重別成績を取り上げました。
ここで見ると480キロ以上~519キロの馬を狙うのが勝率が高いことがわかります。

460~479の馬も勝ったことがある。10年で1度か2度しか出ていない馬の単勝を狙うのか?迷わず昨日は馬体重でワグネリアンを切りました。

結果ご存知の通りです。

ダービー 馬体重別集計

馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率 賞金合計
440~459kg 1- 2- 0- 22/ 25 4.0% 12.0% 12.0% 38200万円
460~479kg 1- 3- 2- 47/ 53 1.9% 7.5% 11.3% 64000万円
480~499kg 5- 3- 1- 47/ 56 8.9% 14.3% 16.1% 130800万円
500~519kg 3- 2- 4- 18/ 27 11.1% 18.5% 33.3% 85900万円
520~539kg 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0% 10300万円
540~ 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 3800万円

集計期間:2008. 6. 1 ~ 2017. 5.28

以前どこかで書いたことがありますが、牝馬は馬体重を全く気にしていません。
ところが今年のG2やG1の勝ち馬を見ると440


2018年 GⅡ、GⅠの勝ち馬の馬体重別集計

馬体重 着別度数 牝馬
440~459kg 4 (2)
460~479kg 4 (2)
480~499kg 4 (1)

集計期間:2018. 3. 3 ~ 2018. 5.20

今年は性別がほとんど関係なく、馬体重の少ない馬が勝つレースが多くなっています。

馬体重は無視して馬券検討するほうが結果がいいことが今になって思いつきました。
前半のGⅠ戦も僅かですが3歳戦は馬体重で馬券を決めないことにします。

またレース前日やは当日の早い時間の予想配信するために単勝オッズもファクターから外しています。
今週からは前日か?又は当日10時までには予想を公開しメール配信するように努力します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする