PR

単勝馬券をオッズで予想する。

本日から試験的に単勝馬券をオッズで予想していきます。
頑なにメインレース(重賞)だけを予想し馬券を購入してきましたが、収支が今年はマイナスに転じているための策として10月以降は馬の能力とか騎手の手腕など全く無視してオッズで馬券を組み立てていきます。

「オッズはあらゆる予想の集大成」などと言われていますが、確かに時系列でオッズを見ているとどうしてこんな大量に売れるのか?誰が買っているのかなど疑問や好奇心が度々起こっています。

それはずいぶん前からの事ですが、オッズには見向きもしないで単勝馬券を買っていました。
見るとしても能力値上位の単勝オッズだけでした。
自分の予想とオッズが均衡すればそれでよし、大きく離れていれば穴狙い。

大きく分けるとそんなことぐらいのオッズの味方でした。

しかし、馬券が外れるごとにオッズの流れを見ていくと自分の予想馬とは違う馬のオッズの動きが目に入ります。そしてオッズの動きが違う馬が勝つことが非常に多いのです。

1番人気のオッズが安定している時は荒れる要素が少なく、馬連1番人気が9倍台以上だとひも荒れ傾向というのも分かりました。

1番人気のオッズが安定しているというは朝一オッズから締め切りまで単勝順位も複勝順位も変化なく一位ということです。

またよく言われるオッズの壁というのがありますが、そのオッズの壁の前の馬が良く馬券に絡みます。オッズの壁というのは色々調べましたが単勝では1.5倍というのが大勢だと知りました。

私が予想する方法はこのブログで書いていきますが、大きく分けて3通りです。

1.オッズの壁を利用する
壁は単勝で1.5倍以上 単勝6.5倍と単勝8.5倍 →10.0÷6.5=1.54
その壁の前の2頭が候補
2.馬連では馬連1番人気のオッズを数倍する。(通常 2倍、5倍)
馬連1番人気が8倍の場合、8×2=16 馬連16倍より小さく16倍に近い馬を抽出 します。

3.馬連、単勝、複勝(高)の順位比較をする。
通常は馬連より単勝順位が高い、馬連より複勝順位が(高)が高い、単勝より複勝順位が高 い馬を抽出する。

以上が基本のオッズでの予想となります。

私は単勝狙いですから一着になる可能性がある馬をオッズで見ていますが、10月からの予想は単勝・複勝に加えて馬連も予想します。また重賞予想のみでしたが、開催日の9レースから11レースの選んだレースの予想を公開していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする