PR

地方競馬が楽しみ!

土日の中央競馬だけでは物足りなくなり地方競馬の馬券も買おうかと考えています。

理由は遊ばないため。

私は本業が忙しいのだが、たった数時間の休み時間にパチンコへ行ってしまいます。

何を隠そう私はパチンコには非常に弱いのです。
確かに数えるくらいは勝っているが負けた日の方がはるかに多いのです。

私は恐らくパチンコ依存症なのかも知れない。
というよりもパチンコ依存症をチェックをすると

80点という若い時の学校のテストの時すらとったことのない点数がでました。

間違いなくパチンコ依存症なのです。それもカウンセリングを受けるレベルの依存症なのかも知れません。

パチンコでは見境なく金を突っ込こみますが、競馬では異常に冷静になれる。
だから地方競馬に打ち込みパチンコへ行け無くなれば依存症から逃れられる。
単純でしょう?依存症なんてそう容易く治癒はしないのはわかっているのですが・・・

ギャンブル依存症と言われているものの9割はパチンコ依存症だそうです。
朝から晩までパチンコ台に座っている人。注意が必要です。

地方競馬のことについてのブログ更新でしたが、パチンコ依存症の話になってしまいました。

藤田伸二騎手をご存知でしょう。1年半くらいになりますね。中央競馬を引退しました。
ところが、ホッカイドウ競馬の騎手として再デビューするというニュースがありました。

地方から中央へという騎手の移動は多いですが、中央から地方へというのは聞いたことがありません。

引退後、札幌で飲食店を営業していたのですが・・・
誰から引っ張られたのか?地方競馬の騎手に復帰します。

とは言っても騎手試験は全く地方は地方でとらなければならないそうです。
9月に1次試験があるそうです。

藤田騎手と言えば中央時代、その発する言葉がたびたび物議をかもしました。
引退メッセージでも

騎手のエージェント制に対して語り、競馬に対するモチベーションが無くなったと引退しました。

中央競馬には未練がなくなったものの競馬に対するモチベーションが持ち返したのでしょう。

地方競馬に復帰することで中央競馬は活気づくでしょう。
地方競馬の馬で中央に殴り込みもあるのではないでしょうか?

地方競馬も見逃せないですね。

下に中央競馬を引退した時の藤田騎手のメッセージを引用しました。
http://uma-jin.net/pc/retirement_message.do (引用元)

9月6日札幌競馬最終日にて騎手人生25年間に終止符を打つことに決めました。数年前からエージェント制度の強調により、騎手の腕など関係なく成績に偏りが生じて地方や外国人ジョッキー主体の流れが強くなりました。そうすると一生懸命に調教を頑張っている連中の活躍の場もなくなり、乗るチャンスも減り昔のように ピリピリとして切磋琢磨な勝負の世界には程遠い環境になっているのが事実であります。エージェントによりリーディングの順番が年頭から決まっているような世界。何が面白いのか?

2、3年前から疑問を抱くようになり、競馬に対するモチベーションが無くなっていました。ですが私を応援してくれていた少数のオーナーさんのお陰で今日まで乗り続けてきましたが、これからダラダラ続けてもファンの皆様に落ちぶれたと思われるのも不甲斐ないし、いつまでも競馬会にしがみつきたくないのが本音です。騎手になって良い事、悪い事と沢山ありました。競馬会にも迷惑かけました。だから引退する時はサッと居なくなるつもりで決めてました。早いうちに発表してしまうと1000勝以上してる私は引退式を行わなければならないと思ったし、正直、私の性分じゃありません。競馬会に一切未練はありませんし、今後は時間に振り回されず自分の好きな事をして生きて行こうと思ってます。

今まで沢山のファンの皆様に応援して頂いたことは私の財産でもあり感謝の気持ちで一杯です。また違う形で恩返ししたいと思ってますので、どこかで逢いましょう。

最後になりますが、静かに引退する事は俺らしいでしょ。

本当に25年間、有り難うございました。

藤田伸二

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする