PR

単勝馬券生活者の菊花賞

神戸新聞杯組が傾向的に有利な菊花賞。神戸新聞杯の3着までは人気になるのが通常です。

今年はサトノダイアモンドが神戸新聞杯を勝って菊花賞に臨ますが、前売りでは1番人気で2.5倍です。2番人気にセントライト記念を勝ったディーマジェスティ。この2頭がのどちらかが今年の菊花賞の勝ち馬とオッズは言っている。

その2頭から単勝オッズでは大きく水をあけられている神戸新聞杯の2着馬ミッキーロケットは例年なら人気になるはずですが3番人気で12倍の単勝オッズはおそらく騎手の信頼度で差がついているのではないかと推測しています。

過去10年で前走レースでは神戸新聞杯組が8回勝っています。着順は1着馬3回、2着馬1回、3着馬4回 3着馬の方が分がいいですね。今年の3着馬はレッドエルディストで神戸新聞杯組で狙うならこの馬でしょうか?

その他の前走レースではセントライト記念が1回勝っていますが、昨年キタサンブラックが来ていますが、今年はディーマジェスティが該当します。しかし、2年続けてセントライト記念の勝ち馬がくることはあまり考えられないと思い軽視しています。

さて10年に1度くらい穴をあける下級組ですが、野分特別から菊花賞を勝った前走1000万組だったスリーローレルが記憶に残っています。この時騎乗していたのは浜中騎手でしたが、今年は札幌日刊スポーツを強い勝ち方をしたウムブルフに騎乗しています。

その他の1000万組ではシュベルミエールも連勝でここに臨んでいます。騎手は長期離実績がある北村宏司騎手ですから注意が必要かと思います。

結論に入りますが、神戸新聞杯組の単勝を狙うのがセオリーだと思いますが、今年は札幌競馬場で強い勝ち方を見たウムブルフが気になっています。

マクリと呼ばれる戦法で勝った札幌日刊スポーツ杯ですが、最後方からのマクリではなく中断やや後ろ付近。13頭立てだった前走では7番手あたりからマクリ、2着に0.8差をつけたものです。菊花賞はどんなレースをするのか判りませんが、すくなくとも最後方からではなくある程度中団付近につけて上がってくるものと推測します。

分が悪いステップではありますが、スリーローレルの時のようにあっと言わせてくれると浜中騎手に期待をしています。

単勝・複勝10番 ウムブルフ推奨です。

前日では単勝22倍 複勝4.5~8.5 10番人気

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする