PR

スマホで馬券を始めるメリット

外出先でも馬券を買いたいという人も多いと思う。そういった場合におすすめなのはスマホでの購入。
近年、急速に普及したこともあり、スマホでも馬券を買うことができるのだ。
スマホで馬券を始めるメリットは以下の通り。

いつでもどこでも馬券を買うことができる
入出金処理が簡単にできる

一番のメリットはいつでもどこでも馬券を買うことができること。

パソコンが無くても馬券が買えるので、仕事の合い間や通勤途中に隠れて勝っている方も多いのでは?

競馬場に行けない人はスマホで始めた方がいいかもしれない。

ノートパソコンなどと比べると持ち運びに手間なし。もちろん家のデスクトップパソコンを使わなくてもできるので、便利極まりない。

もちろん即PAT会員、A-PAT会員の登録は必要。

JRAでは会員用にスマートフォン版投票サイトが使用できる。
スマートフォンならではの感覚的な操作で投票が可能だが、残念ながら、スマートフォン投票用のアプリはまだないらしい。

そのほかにはIPAT(携帯)方式というものがある。ガラ携と呼ばれるもの。私も以前利用していた。

スマホがなかった時は非常に便利だと感じていたが、スマホが出てからは使えないと思うようになった。

視覚的・感覚的な操作ができないのがスマホと比べての決定的な違い。

馬券購入の際のコードを入力するが、馬番や場所のコードを間違えて無駄な馬券を買ったことが何度かある。

機械音痴の私だからなのかも知れないが、スマホとは比較にならない。

携帯電話では地方競馬の馬券はご購入できないのも携帯を使わない理由の一つだが、SPAT4などに登録していると携帯からも可能ではある。

スマホ便利だと書いてきたが、私はスマホで馬券を買うことは滅多にない。
もっぱら家でグリーンチャンネルを見ているか、競馬場に出かける。家にいる時はノートパソコンを使用している。

家でも競馬場でもないときはスマホを使うかもしれないが、いつ使ったかも覚えていないくらい前のことだ。

どうしても馬券を買いたくて買えない事情があるときにはスマホがいいだろう。

今は簡単に馬券が買えてしまう。

しかし、そんなに無理して馬券を買うこともないのではないか?

てら銭の話も次の機会にするが、儲かるのは国とJRAだけだ。

馬券が経費として認められた裁判もあったが、極めて稀なことだ。

買わないと当たるなんてこともざらにあることだが、慌てて買うと外れることもざらにある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする