スポンサードリンク




大阪杯 単勝穴狙いと結果

G1格上げの2年目大阪杯、G2の頃から1番人気は勝率、連対率、複勝率ともに高アベレージを残しているが、特に複勝率は90%で回収率も100%を超しています。

こんな1番人気の堅いレースで穴狙いをするのはいかがなものか?
それも単勝の人気薄を狙うのだから「どうかしてるぜ~」と自分ながら思います。

結論からいうと11番のウィンブライトの単勝・複勝を狙います。
このレースの傾向は前走1着馬が分が悪いレースでおまけにこの馬は過去10年勝ったことがない関東馬。

傾向では拾うところが見当たらない馬。年齢だけが拾える要素です。

どうしてこの馬か?理由はデビューから追いかけているからです。
とは言っても、馬券をづっと買っているわけではありません。

中山に出た時だけ買う。
つもりだったのが前走の中山記念はそれを忘れていました。

2着でいいものを勝ってしまいました。
ここで2着なら大阪杯は少しは自信を持ってかえましたが、1着になったため今回は買いずらい、そして人気のない馬になってしまいました。

中山記念では大阪杯で出ているペルシアンナイトに勝っています。

そのペルシアンナイトは6番人気。勝ったウィンブライトは9番人気。
この差はなんでしょう?距離適性?コース適正?だと思います。

最もペルシアンナイトはG[1馬ですから格が違うと言われればおしまいなのですが・・・

今、馬体重発表がありました。

人気馬で大きな馬体重増減がありませんね。
大阪杯は460~479が一番勝率が高いのですが、人気馬で該当するのはシュバルグランだけです。

ですが、6歳馬は大阪杯は分が悪いのです。

私が推奨するウィンブライトは468キロで―6キロ減。
微妙な感じですが、このままいきます。

さて15時になりました。
競馬観戦及び馬券購入に入ります。

では

またあとで

[ 2018. 4. 1 ]  2回阪神4日目11R

No. 券種 オッズ
1 単勝 5 16.3
2 単勝 11 37.0
3 複勝 11 6.4
4 ワイド 05-11 55.9
5 馬連 02-05 34.4
6 馬連 02-11 93.3
7 馬連 04-05 82.5
8 馬連 04-11 191.9
9 馬連 05-08 18.8
的 10 馬連 05-15 29.3
11 馬連 08-11 53.5
12 馬連 11-15 69.4
合計 12点

大阪杯が終わって書いてます。

いいところなしの推奨馬ウィンブライト。馬群に沈み着順も分からない状況。

ペルシアンナイトが気になり勝った馬連が偶然的中したが、完敗のレースでした。

終わってしまえば、1番人気がまた勝って傾向は崩れなかった今年の大阪杯でした。

終わってしまえばいえることですが、大阪杯で勝てるジョッキーはデムーロ騎手だけ。
大阪杯の出馬表を見て最初に思ったことが現実になりました。

今年も「デメルメ」を買っていればG1はプラス回収。
2000m以上のレースの話ですが、それを感じさせる結果でした。

「巧いなぁ」今年の大阪杯のスワーヴリチャードのレース運びは絶品でした。
ルメールもいないし、武豊もいないし勝てないわけがない。

これは周知の事で、最終的には1番人気になってしまいました。

それにしても馬群に沈んだウィンブライトはG1では通用しないかな。
もう少し本格化まで時間がかかりそうです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする