スポンサードリンク




朝日杯フューチュリティS単勝・複勝予想

このレースは前走1着馬を狙うのが単勝のセオリーだと思う。

前走1着馬以下の6頭

ダノンプレミアム
ライトオンキュー
ムスコローソ
タワーオブロンドン
ヒシコスマー
ダノンスマッシュ

過去9頭の勝ち馬が単勝15倍未満

ダノンプレミアム
タワーオブロンドン
ダノンスマッシュ

の3頭に絞られる。

単勝予想はこの中の1頭が勝ち馬となる。

朝のオッズ表をしたに掲載しました。

馬連、単勝、複勝とも12番が断層手前です。
その上位人気3頭も横一列で同一順位になっています。
10番が3番人気にいますが、この馬は前走2着です。
このレースのセオリーの前走1着から外れますので10番
は無視することになります。単勝オッズは15倍未満ですから12番の
8.1倍までが単勝候補で結論づけると1,3,12の中から勝ち馬が
出るのですが、1番、3番より単勝で妙味があるのは12番です。

後はオッズ表を見渡すと6番の単勝が馬連よりかなり売れている印象です。
馬連順位が10位、単勝が5位ですからG1の割には変動が大きいと思います。
6番は単勝より複勝が売れていないので強気になれませんが、複勝圏内という
予想をしています。

後は14番、馬連、単勝順位は同じですが、複勝順位が一つ上にいます。
こういう馬も複勝圏内にくるパターンがあります。

結論、

単勝・複勝12番

ただし、騎手は福永騎手1年以内のG1では2着が最高だから信頼度は落ちる。
外国人騎手を買ってりゃ当たるのだから予想も必要ないかも知れないが、もっと
日本人騎手には頑張ってもらいたい。

今回もルメールが2番人気、3番人気も外国人騎手になっている。
ウンザリしているのは私だけか?

人気のない時には狙いも立つが、上位3番人気までいるなら無視することにしている。
そうしていると案外プラス回収になるものだ。
後はワイド候補として6番、14番、5番 それから15番も右肩上がりの順位ですが
10番人気以下からならこの馬も狙えるでしょう。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする