PR

菊花賞 単勝・複勝

本日2回目の投稿です。

菊花賞、今年は荒れそう?

断層は3位、6位、9位にありますが、通常は荒れないと私は判断しています。
しかし、過去は1番人気が5勝で1番人気の信頼度は低いレースです。

「格式の高いレースは荒れてはならない。」以前、何かの競馬本に書かれていた記憶がありますが、3歳、初距離、初コースでどの馬もあまり信頼が置けないのは当然です。

このようなレースでは騎手で馬券を買う方が安全かも知れません。
と言っても今年もデムーロ、ルメールを外せない。唯一、キタサンブラックの武豊が2勝しているが、この馬がいないと勝てていない。

横山、池添あたりも検討はしているが、G1では信頼は置けない。

池添や松山の方が回収率がいい。これはあくまでも単勝、複勝の話です。

さて今日の菊花賞は以下に表を公開します。

狙うのは6位断層の11番 サトノクロニクル 騎手は福永騎手今年のG1勝ちなしだが、春の天皇賞2着(今年)があり、少々期待を持っている。

予想はたまたま騎手が福永騎手だっただけで選んだわけではない。

3位と6位に断層がある場合6位断層が連対する確率は高いが勝ち切れるかどうかは疑問
それでもここしか期待するところがなく、複勝狙いに近くなってしまった。

馬連は表のとおり、ワイドなら10番ベストアプローチがお勧め

単勝:複勝 11番 サトノクロニクル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする