PR

単勝予想!関谷記念2017

夏競馬に入り馬券は不調を通り超すくらいに負けが込んでいる。
GⅠならセオリーを持ち合わせているが、夏競馬の重賞は例年なら休み休み買うのだが、今年は毎週馬券を買っている。予想も出しているので人に薦めておいて自分は馬券を買わない訳にも行かず穴っぽい馬ばかりを単勝に据えている。

宝塚記念以来単勝馬券が的中していない。きっと予想メールを受け取る人はあまりに的中しないためにまっすぐゴミ箱に入れているか?すぐに削除しているか?

どうしているのかは定かではないが、申し訳なく思っている。

「無料予想で的中率・回収率が高い」これが理想だろうけど、思うようにならないのが競馬だ。

人気を買っているとそれほど外れることもないが、殆どが10倍付近の単勝馬券を狙うがそうそう来るものでもない。

さて今日の関谷記念の予想に入りますが、JRAの傾向を見ながら馬を抽出すると単勝の候補に2頭が絞られました。クラリティースカイとオールザゴー

2頭とも10番人気と12番人気 いくら単勝穴狙いをすると言っても傾向から見える馬にしては人気がなさすぎ。

前記したように夏競馬は絶不調。ここでもこんなに人気のない単勝を狙えるのか?
無理だなぁ 私には狙えない。複勝なら狙えるが・・・・又はワイドのヒモ?

さて落ち着いて考えてみると中京記念の4着以内に入った馬のすべて4着以下に敗れている。
中京記念と関谷記念では勝ち馬の求められる適正が違うのだと思う。

1000万とか1500万とかの特別レースで新潟で勝っていたとしてもオープン馬に比べると低いレベル。関谷記念という重賞では勝てない。2012年にサマーダッシュシリーズになって以来のことだから今年もこの傾向は生きているかもしれない。

しかし、それはレースが終わってからの話。傾向はいつかは覆されるものだ。
とは言っても今年も傾向通りなんてことも考えられるから不安は尽きない。

私の能力順位は以下になっている。

  • 上位6頭までが単勝候補でこの中から単勝を決定している。
1 ブラックムーン 1位のブラックムーンと2位ウインガニオンは中京記念4着以内で2012年より4着以下に敗れ複勝圏内に入ったことがない
2 ウインガニオン
3 ヤングマンパワー 昨年の関谷記念の勝ち馬。今年は前走安田記念で16着と最下位だったが、JRAのマイニングデータでは2位(タイム型)になっている。G1では最下位に敗れるが、G2、G3では検討する馬。
ダノンプラチナ  実力的には上で大体が好走するが、勝ち身に遅い。
5 ロードクエスト  新潟2歳ステークスを買ったことがある。東京芝1600m(NHKマイル)で連対した実力馬。今回は2番人気なっている。
6 メートルダール  前走、多摩川H1600m1着。昨年のヤングマンパワーと同じローテ。ヤングマンパワーは勝ったがこの馬はどうか?ミルコ・デムーロ騎手ということで少々人気になりすぎ?昨年のヤングマンパワーとは少々実力が劣る感がする。しかし、1番人気になっているから無視は禁物。
7 クラリティスカイ
8 ウキヨノカゼ
9 ダノンリバティ
10 マイネルハニー
11 マルターズアポジー
12 レッドレイヴン
13 ロサギガンティア
14 トーセンデューク
15 オールザゴー
16 ショウナンバッハ

結論

傾向と過去の勝ち馬の能力順位からブラックムーンを有力と結論づけました。ブラックムーンは中京記念の好走馬で傾向的には買えないですが、能力1位からこの馬に決めました。

その他では3位のヤングマンパワー、6位のメートルダールが単勝の次点です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする