PR

マイルCS単勝予想

今日の東京スポーツ杯2歳ステークスは前日オッズでプレスジャーニーが人気のためムーヴザワールドにシフトしたが、当日オッズはムーヴザワールドが1番人気単勝2.6倍だった。単決シートの予想は完璧だったが、人気の動向を見切れなかったのが残念。

プレスジャーニーそのままで行けば的中だったが、ムーヴザワールドは1番人気3着単複推奨で複は的中したものの1.2倍の複勝オッズでは元も取れない状況で申し訳なく思います。

気を取り直して明日のマイルCSの予想を書きます。

単決シートを公開します。

第33回マイルチャンピオンシップ

◎はサトノアラジンです。1番人気ですが、4倍以上の単勝オッズですから、そのまま単勝候補とします。馬連の項目で各馬に印がついていますが、以前に取り上げたガリバルディに印が回りませんでした。

印が付いた馬の中で気になる馬は15番ネオリアリズムです。
今年の札幌記念はモーリスのダントツ人気でしたが、ネオリアリズム(騎手はルメール)が逃げて勝っています。実はこの馬が単決シートで◎印がついて単勝馬券が的中したレースでした。
そのモーリスはご存知の通り、天皇賞(秋)の勝ち馬です。騎手はムーア騎手でした。
また、3着のレインボーラインは菊花賞の2着馬です。
モーリスが天皇賞に回ったので乗る馬がいなかったのかも知れませんが、天皇賞馬に勝ったネオリアリズム。そして札幌記念の2着、3着馬が後のG1天皇賞(秋)に勝ち、菊花賞で連対を果たした結果から札幌記念はレベルが高かったといえるかも知れません。

札幌記念上位3着までの馬の話ですが・・・狙ってみたいと思います。

マイルチャンピョンシップの単勝候補は2番サトノアラジンと15番ネオリアリズムの2頭になってしまいましたが、明日のパドックを確認後2頭にするか1頭にするかを決定したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする