PR

天皇賞(春)

北海道の桜が今満開だ。

道東と呼ばれる地域に桜が開くのは天皇賞の後と記憶していたけれど

今年は早い。

調べたわけではないがそんな気がする。

さて天皇賞

本命はポップロックに期待した。

7歳馬で上がり目はなさそうだが、距離適正を重視した。

対抗 は登り調子のアドマイヤジュピタ。馬主の気迫が

このレースには見られる。

三番手はホクトスルタンだ。

横山騎手騎乗のこの馬は一人旅のレースをすれば、

上がり目が見えてくる。

かつてイングランディーレで大逃げをうった騎手が

横山騎手だったことを考えると、一番恐ろしい存在に

なるだろう。

しかし 逃げ馬があまりマークされると勝てないのものだ。

人気薄でこそ 逃げ馬の存在は怖い。

◎10番 ○14番 ▲ 4番 △7番 △8番 △12番 △3番

上位4頭か5頭の勝負だと思います。

それでは

幸運を祈ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする