PR

中山記念

土曜日はアーリントンカップは本命を推奨したが人気馬が

総崩れ。5番人気⇒9番人気⇒10番人気で高配当。

人気2頭の軸がハズレて、連に推奨した2頭が2着3着と皮肉な結果となった。

2着・3着のワイドでも4000円を超えていた。

10年で1番人気が6連対しているレースで1番人気がこけるとこんなものだ。

馬券を買う私の裏の裏をかく。

人気を買えば穴がくるし、穴を買えば人気がくる。

気を取り直して今日の中山と阪神の予想を少々

中山記念はローエングリーンやバランスオブゲーム、ダイワメジャーなどなど前にいく馬

が連対するケースが多い。

今年はヨイチサウスやコンゴウリキシオーが前を行くのだろう。

開幕週で前が止まらないといえども毎年逃げ馬が勝つレース運びはなんとかならないか?

逃げ馬は好きだが、騎手も手がなさすぎる。

とちょっと苦言したのはカンパニー狙っているからです。

本命はカンパニー。このレースで過去連対しているて上がり33秒台の末脚に期待。

2番手には1800mで抜群の成績のエイシンドーバー、そしてG1連対の実績があるコ

ンゴウリキシオー、人気のエアシェイディ、末脚のあるリキッドノーツを押えます。

中山記念 7番 カンパニー    16番、6番、5番、9番

阪急杯は12番 アンブロワーズを狙う他は 4番、14番、9番、3番

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする