PR

日本ダービー

競馬はダービーに始まりダービーに終わるという。競馬関係者の夢の舞台。

今年のダービーは皐月賞馬キャプテントゥーレの故障欠場で混沌とした状況

というのが、前日のオッズが教えてくれます。

抜けた馬がいないことで、今年のクラシックは勝ち馬が目まぐるしく変っています。

それが予想を難しくし、疑心暗鬼になっているという感があります。

先週のオークスを振り返っても終わってみれば上位は桜花賞の上位馬が連に絡んだ。

勝ったトールポピーは桜花賞では8着と敗れたがオークス出走馬の中では一頭だけ

のG1実績があったことを考えると実力はあったことは間違いない。

クラシックは傾向がある程度決まっています。全く傾向と違うレースはそれ程ないの

です。昨年のように牝馬のウォッカが勝つことは例外中の例外なのです。

例外は潔く諦めることです。

「ダービーは運の強い馬が勝つ」

ダービを予想するときの基本は重賞勝ちがあること、テン乗りはこないなどがあります。

皐月賞馬が強いこのレースですが、NHK杯、京都新聞杯からの勝ち馬も出ています。

どちらも前走で強い勝ち方をしてきた馬です。NHK杯3着タニノギムレットがダービー

で勝っていますが、タニノギムレットは皐月賞3着の実績でNHK杯へと今年のディープ

スカイ、ブラックシェルと同じステップを踏んでいます。

しかし、NHK杯を使いダービーに勝った馬は競走馬としては短命に終わっています。

キングカメハメハ、タニノギムレットの2頭共に引退が早かったですね。

NHK杯を使った馬は回復に時間がかかるという事も周知の事実です。

人気のディープスカイがキングカメハメハ級なのかどうかは終わって見なければ解らない

ですが、戦歴から比較すると劣っていると思いますが、相手関係がありますので、

一概にはいえません。

さて今年のダービーの予想ですが、人気から見ると1番人気が7回、2番人気が1回、3番人気

が2回勝ち馬は3番人気以内から外れたことがない。

今年の出走馬の人気はディープスカイ、マイネルチャールズ、サクセスブロッケン

とが上位3頭です。

重賞勝ちがなく、前走がダートのサクセスブロッケンは勝ち馬の条件からははみ出します。

ディープスカイとマイネルチャールズの比較をするとキャリア10戦の前者と7戦の後者では

7千のマイネルチャールズの方が上だと思います。ディープスカイは勝ち鞍をあげるまで

に時間がかかったこと、NHK杯からのステップは疲労が回復していないと判断します。

またもし好走したとしても、タニノギムレットやキングカメハメハの二の舞になるのでは

ないかと懸念しています。

素直にマイネルチャールズを本命にしたいと思います。対抗は前走成績青葉賞を勝った

アドマイアコマンド、単穴はブラックシェル、連穴にディープスカイ、後はモンテクリスエスと

ショウナンアルバを挙げておきます。

単勝、複勝9番 マイネルチャールズ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする