PR

単勝馬券傾向【マイルチャンピョンシップ】

マイルチャンピョンシップの単勝馬券の傾向を少々みてみました。

現在木曜深夜です。眠い目をこすりながら傾向分析ですが表は過去

10年の3着まで。内容は単勝馬券はどの馬がいいかです。

マイルチャンピョンシップの人気別集計です。
1番人気の成績はいいですが、単勝の妙味からは3、4番人気と
5番人気を単勝推奨馬にする予定です。

6番人気以下は今年は無視したいと思います。

マイルチャンピョンシップ人気別

人気 1着 2着 3着 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 3 3 1 10 30.0% 60.0% 70.0% 84 101
2番人気 1 0 2 10 10.0% 10.0% 30.0% 47 70
3番人気 1 3 0 10 10.0% 40.0% 40.0% 118 90
4番人気 2 2 1 10 20.0% 40.0% 50.0% 211 151
5番人気 1 0 2 10 10.0% 10.0% 30.0% 98 93
6番人気 0 0 1 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 38

集計期間:2005.11.20 ~ 2014.11.23

下の表は前走天皇賞組です。過去10年で5回の勝ちがあります。

前走レース名

前走レース名 1着 2着 3着 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
天皇賞秋G1 5 1 0 22 22.7% 27.3% 27.3% 139 57
富士SG3 2 2 1 49 4.1% 8.2% 10.2% 56 34
スワンSG2 1 4 2 41 2.4% 12.2% 17.1% 127 73
京都大賞G2 1 0 0 2 50.0% 50.0% 50.0% 235 90
府中牝馬G3 1 0 0 5 20.0% 20.0% 20.0% 212 54

下の表は天皇賞を走った馬でマイルCを勝った馬です。

今回該当するのはイスラボニータとヴァンセンヌですが、着差は0.9位内と

するとヴァンセンヌは1.9の着差ですか今年の天皇賞組からはイスラボニータが

上位です。3着の実績と0.2の着差から判断しました。

■前走レース名:天皇賞秋G1

馬名S 性齢 騎手 人気 着順 前走人気 前走着順 前走着差タイム
サダムパテック 牡4 武豊 4 10 0.6
カンパニー 牡8 横山典弘 1 5 -0.3
ダイワメジャー 牡6 安藤勝己 1 3 10 0.9
ダイワメジャー 牡5 安藤勝己 1 4 -0.1
ハットトリック 牡4 ペリエ 3 11 0.4

以下の表は富士S組でマイルCを勝った馬です。

この2頭に共通するのは富士Sで1番人気だったことです。

今年は5頭いますが、富士S1番人気だったのは、サトノアラジンでした。

■前走レース名:富士SG3

馬名S 性齢 人気 着順 前走レース名 前走人気 前走着順
ダノンシャーク 牡6 8 富士SG3 1
エイシンアポロン 牡4 5 富士SG3 1

以下はスワンスSですが、富士Sと同じように前走1着馬です。

今年はアルビアーノ、フィエロ、ダイワマッジョーレの3頭該当しますが、
1番人気だったのはフィエロです。

■前走レース名:スワンSG2

馬名S 性齢 人気 着順 前走レース名 前走人気 前走着順
エーシンフォワード 牡5 13 スワンSG2 1

後は府中牝馬ステークスでは1着馬がいないので該当なし、

前走京都大賞典に出走した馬もいないので該当なしです。



種牡馬別集計

種牡馬 1着 2着 3着 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値
サンデーサイレンス 3 2 1 19 15.8% 26.3% 31.6% 94
ディープインパクト 2 1 2 18 11.1% 16.7% 27.8% 126
フジキセキ 1 0 1 9 11.1% 11.1% 22.2% 116
ミラクルアドマイヤ 1 0 0 3 33.3% 33.3% 33.3% 76
Giant’s Causeway 1 0 0 3 33.3% 33.3% 33.3% 326
アドマイヤベガ 1 0 0 2 50.0% 50.0% 50.0% 530
Forest Wildcat 1 0 0 2 50.0% 50.0% 50.0% 2620

サンデーサイレンスが切れた今、一番はディープインパクト産駒と次にフジキセキでしょう。

今年もたくさん出ています。

ディープ産駒 ヴァンセンヌ、サトノアラジン、ダノンシャーク、トーセンスターダム

フィエロ、リアルインパクトの6頭

フジキセキ産駒 イスラボニータ


下は年齢別成績です。8歳馬で勝ったカンパニーは遅咲きの
最たるもので例外中の例外です。今年は8歳馬はいませんが、

7歳馬は2頭、ダノンシャーク、リアルインパクトですがこの年齢
は不振のため買い目からは外れます。

■年齢別

年齢 1着 2着 3着 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3歳 0 0 2 35 0.0% 0.0% 5.7% 0 17
4歳 3 6 3 36 8.3% 25.0% 33.3% 89 109
5歳 4 4 4 54 7.4% 14.8% 22.2% 129 86
6歳 2 0 1 36 5.6% 5.6% 8.3% 60 23
7歳 0 0 0 13 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
8歳 1 0 0 4 25.0% 25.0% 25.0% 57 30

ちょっと見方を変えて馬番の偶数・奇数別に調べてみました。

一目瞭然ですが、奇数の回収率が100%を超えていました。

ご参考に

馬番偶数・奇数別

馬番 1着 2着 3着 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
偶数 4 4 2 89 4.5% 9.0% 11.2% 29 31
奇数 6 6 8 89 6.7% 13.5% 22.5% 112 82
大外 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

傾向からの抽出馬

現時点では出馬表が出ていませんが過去10年の傾向を見てみました。

イスラボニータ、サトノアラジン、フィエロの3頭が単勝の

有力候補、穴っぽいところではトーセンスターダムがディープ産駒の

穴候補としてはピッタリかも知れない。人気になるだろうモーリスは

休み明けで順調さに欠けると見て無視をすることにきめた。

モーリスが3番人気以内に入ると、最初ん挙げた3頭のうち1頭は4番人気以降

になるとみてその馬が1番の単勝候補になると思う。

次回はマイニング指数の傾向やターゲットの指数を見ていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする