PR

さつき賞3強を否定する3つの理由

今年のさつき賞1から3番人気が3倍付近で4番人気以下を大きく
離している。

1番人気サトノダイアモンドはきさらぎ賞の勝ち馬、距離1800mの
勝ち馬だ。強い勝ち方は弥生賞の2強を抑えての1番人気になっている。

騎手はルメール、先週の桜花賞の1番人気を裏切ったため、今回は必死だろう。
だがプレッシャーがかかる1番人気楽々と勝てるとは思えない。

3強を否定する理由は以下の3点

1.ここ数年弥生賞からの勝ち馬はいない。

2.前走2000mを勝った馬は過去10年3頭のみ

3.スプリングSと共同通信杯の勝ち馬がほとんどだ。

以上の3点を考慮して抽出した馬は5番マウントロブソン

人気のサトノダイヤモンドとマカヒキは3連勝中、リオンディーズは弥生賞では
惜しい2着、この3頭に実績的に劣らないのはマウントロブソンである。

しかし、この馬レースレベルの差か?スプリングSの勝ち馬で3連勝中
にも関わらず6番人気である。単勝オッズは16倍付近。

この馬の単勝・複勝でさつき賞を勝負する。


2016年 4月17日(日) 3回中山8日目 18頭 [15:40発走]
【11R】  第76回皐月賞
3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝2000m (B)

馬名 性齢 替 騎手 斤量
1   13 ドレッドノータス 牡3 *藤岡佑介 57
2   12 ジョルジュサンク 牡3 *吉田隼人 57
3   1 マカヒキ 牡3 *川田将雅 57
4 × 7 アドマイヤダイオウ 牡3 *福永祐一 57
5 5 マウントロブソン 牡3 *ベリー 57
6   14 ミライヘノツバサ 牡3 *柴田大知 57
7   15 ウムブルフ 牡3 *柴山雄一 57
8   11 ミッキーロケット 牡3 *横山典弘 57
9   9 ナムラシングン 牡3 *田辺裕信 57
10   18 トーアライジン 牡3 *大野拓弥 57
11 3 サトノダイヤモンド 牡3 ルメール 57
12   17 リスペクトアース 牡3 *石川裕紀 57
13   8 プロフェット 牡3 *戸崎圭太 57
14   6 ロードクエスト 牡3 池添謙一 57
15 4 エアスピネル 牡3 武豊 57
16   2 リオンディーズ 牡3 M.デム 57
17   16 アドマイヤモラール 牡3 *内田博幸 57
18   9 ディーマジェスティ 牡3 蛯名正義 57

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする