PR

武豊がいない。&京都2S単勝・複勝

ジャパンカップの出馬表の騎手欄に武豊がいない。
GⅠをあれほど勝っていた騎手が30騎乗以上勝てない。

競馬の繁栄にこれほど尽くした騎手は日本では類を見ない。
しかし、最近は大レースで勝てない。

おまけに今年のジャパンカップに乗る馬がない。
競馬の世界は厳しい。と言いたいが、藤田伸二騎手の
引退のコメントを見て納得した。

騎手のエージェント制がそもそもの間違いなのだ。
ここで詳しくは書かないが、やはり外国人騎手や
地方出身の騎手は馬が回ってくるということだ。
ジョッキーの手腕が評価されいい馬に乗れたのは
騎手のエージェント制が始まる前の話だ。

そして馬券を買う我々が気づかなければいけないのは
地方出身騎手や外国人騎手はマークを外してはいけない
ということだ。

冒頭に書いた武騎手については色々なことがネット上に
書かれている。

最近は女性問題まで取り上げられる。

取り挙げられるのは武騎手だけではないがそれが事実でも
誤報でもどうでもいい。

馬に騎乗スタイルやレースペースなどどれをとっても
ピカイチだということは誰でも認めるところだろう。
最後の直線で馬の背中に尻を落とし責めるような騎乗
は彼はしない。

鼻差の勝負では必ず勝つ騎手それが武豊だ。

と持ち上げたところで日曜日の京都2Sの単勝・複勝は
2番ケルフロイデ前日単勝オッズは6.4倍。

これ以上売れると買いずらいがもっと売れるかも知れない。

騎手はM.デムーロ、ジャパンカップも彼の馬が候補

京都2S単

京都2S複

土曜日は忙しく買う時間もないのでパットで前日深夜購入。

オッズの変動があまり大きくならないように祈る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする