今週の重賞 仮想出馬表 前走傾向簡易表

2019年より1月より毎週火曜日又は水曜日にその週の重賞競走の簡易な前走傾向を掲載します。「時間の許す限り」という条件付きです。

以下のような表になります。

1P~5Pまでは前走レースなど回収率が上位のファクターを〇
1B~4Bまでは血統で上位の馬に〇をつけています。

簡易表なので単勝や複勝で回収率が100%を切る馬も中には
入ることもあります。
予想の判断材料の一つとしてお使いください。

〇が多い順から掲載していますが、絶対ではないのでお気をつけください。
前年末から使用していますが、迷った際に案外役にたちます。

それでは中山金杯ですが最近の傾向で顕著なのは内枠有利です。
前走掲示板にのり今回上位人気になる内枠の馬が狙い目、
枠では4枠まで、馬番は8番までが上位です。

また、ハンデ戦です。斤量の重い馬がの方が力を発揮しています。
昨年は55キロの馬が勝っていますが、56.5キロ以上の斤量が背負う馬が回収率は高くなっています。

以下の傾向に騎手や枠などを加味すれば精度が少し高くなるでしょう。

2019年 1月 5日(土) 1回中山1日目 17頭 仮想出馬表
11R 第68回日刊スポーツ賞中山金杯 (馬連5%UP/予定)
4歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際)[指定] 芝2000m (C)

京都の金杯も傾向的には似たところがあります。
こちらもハンデ戦、斤量56.5以上の馬、内枠というのが中山金杯と似ています。

ただ、マイル戦のハンデ重賞です。スピードのある馬、短距離に実績の
ある馬に注意したいところです。

2019年 1月 5日(土) 1回京都1日目 19頭 仮想出馬表
11R 第57回スポーツニッポン賞京都金杯 (馬連5%UP/予定)
4歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際)[指定] 芝1600m・外 (A)

シンザン記念は3歳戦500万クラスを勝っている馬
ダンチヒ、ロベルトといった血統背景を持っている馬

この2点が回収率が高くなっています。

2019年 1月 6日(日) 1回京都2日目 15頭 仮想出馬表
11R 第53回日刊スポーツ賞シンザン記念
3歳・オープン・G3(別定)(国際)(特指) 芝1600m・外 (A)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする