「 重賞予想 」一覧

函館記念 単勝予想です。

1番人気はサトノアレス、このレース1番人気が勝てない傾向だが、今年はきそうな予感がする。

どんぐりの背比べのようなレースでは1番人気が勝てる確率は大きいように思う。

そういいながらもサトノアレスを横目に見て単勝候補はアングラフェインにした。

巴賞は分が悪い傾向だが枠順など加味した結果

単勝候補には単、次点〇、穴は穴

2017年 7月16日(日) 2回函館4日目 16頭 [15:25発走]
【11R】  第53回農林水産省賞典函館記念
3歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際)(特指) 芝2000m (B)

馬名 性齢 替 騎手 斤量 単勝
1   3 サトノアレス 牡3 ルメール 54 3.3
2   13  ダンツプリウス 牡4 丸山元気 56 22.7
3   16 ナリタハリケーン 牡8 藤岡康太 54 29.7
4   8 ケイティープライド 牡7 鮫島克駿 52 31.4
5 10 レッドソロモン 牡5 岩田康誠 56 24.3
6 6 アングライフェン 牡5 *北村友一 55 7.7
7   2 マイネルミラノ 牡7 丹内祐次 58 7.5
8   15 カムフィー 牡8 *勝浦正樹 54 142.9
9   7 スーパームーン 牡8 *四位洋文 55 49.1
10 1 ステイインシアトル 牡6 武豊 57 5.6
11   4 ツクバアズマオー 牡6 吉田豊 57 9.7
12 4 ルミナスウォリアー 牡6 柴山雄一 55 10.2
13   14 パリカラノテガミ 牡6 *松岡正海 53 65.8
14   9 タマモベストプレイ 牡7 吉田隼人 56.5 56.4
15   12 ヤマカツライデン 牡5 *池添謙一 55 21.2
16   11 サクラアンプルール 牡6 *蛯名正義 56 19.1

 


七夕賞 単勝予想

北海道らしからぬ猛暑でバテバテです。

現在私がいる部屋は33度を寒暖計はさしています。

窓を開けっぱなしで風も入らず、きっと熱中症はこうして起こるのでしょう。

扇風機?最近の暑さは扇風機では対処できないでしょう。

クーラーでさえ故障したと今朝セブンイレブンのパートの子が言ってた。

はぁ アツい

今日の七夕賞は

2番 スズカデヴィアスを単勝推奨馬にします。

複勝が2倍付近ですから3着にはいれば元をとれるでしょう。

何とか頑張って欲しいですね。


2017年 7月 9日(日) 2回福島4日目 12頭 [15:45発走]
【11R】  第53回七夕賞
3歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際)(特指) 芝2000m (A)

馬名 性齢 替 騎手 斤量 単勝 馬体重 調教師
  9 パドルウィール 牡6 *石橋脩 54 23.4 488 – 6 (栗)中尾秀正
2 スズカデヴィアス 牡6 横山典弘 56 7.3 518 + 2 (栗)橋田満
X 5 フェルメッツァ 牡6 秋山真一 55 15.7 456 – 2 (栗)松永幹夫
  11 フェイマスエンド 牡6 *石川裕紀 54 75.6 486 – 2 (栗)鮫島一歩
  7 バーディーイーグル 牡7 吉田豊 53 26.7 498 + 6 (美)国枝栄
X 3 ヴォージュ 牡4 内田博幸 55 5.8 518 + 4 (栗)西村真幸
  10 タツゴウゲキ 牡5 *北村宏司 52 12.9 476 – 8 (栗)鮫島一歩
X 1 ゼーヴィント 牡4 戸崎圭太 57 3.7 488 – 4 (美)木村哲也
X 5 マルターズアポジー 牡5 武士沢友 57.5 4.3 528 + 8 (美)堀井雅広
  12 ウインインスパイア 牡6 *木幡巧也 52 78.2 456 – 2 (美)高橋祥泰
X 4 マイネルフロスト 牡6 *柴田大知 57 7.7 496 + 8 (美)高木登
  8 ソールインパクト 牡5 *大野拓弥 53 15.0 492 + 2 (美)戸田博文

宝塚記念単勝予想

予想はJRAのホームページの過去傾向を参考にして勝ち馬をピックアップしました。

過去傾向は多くの競馬サイトで出ていますが、私はJRAのホームページ→今週の注目レース→データー分析の過去傾向を参考にしています。

この過去傾向は今年の出走馬でどの馬が傾向に合う馬か?は出ていません。つまり予想はしていないということです。

純粋に過去こういう馬が有利だと書いているだけです。

ですから自分で調べて傾向に合った馬を探さなければいけません。

私は傾向に合う馬が自分で出した能力順位の何番目に位置するか?で買い目を決めています。能力順位の6位以内であればその中から単勝馬を決めています。

今日はその方法で単勝推奨馬を探していきましょう。

それでは1~5はJRAホームページからの過去傾向です。

切る馬を決めるのではなく、傾向にあった馬の名前をあげることから始めます。

 

1.距離適性 距離2000m~2200mのG1、G2で勝ち鞍 があること

ゴールドアクター
ミッキークイーン
キタサンブラック
サトノクラウン

2.4歳馬か5歳馬

ミッキーロケット
スピリッツミノル
シュヴァルグラン
シャケトラ
レインボーライン
ミッキークイーン
キタサンブラック
サトノクラウン

3.前走の着順が「3着以内」

キタサンブラック
シュヴァルグラン

4.天皇賞(春)で4着以内に入っていない馬

ゴールドアクター (7着)
シャケトラ    (9着)
レインボーライン (12着)

5.前走、国内レースで、単勝3番人気以内
キタサンブラック
シャケトラ
サトノクラウン
ミッキークイーン

上記5項目に該当する馬は以下の4頭が4項目で名前があります。

シャケトラ
ミッキークイーン
キタサンブラック
サトノクラウン

では各馬の能力順位です。

馬 名      順位
キタサンブラック  1
シャケトラ     3
ミッキークイーン  5
サトノクラウン   6

傾向の1,2に名前があるミッキークイーンとサトノクラウン2頭を上位にとります。

またキタサンブラックはダントツの1番人気で強いけれど単勝馬券に妙味がありません。

シャケトラは悩むところです。

ミッキークイーンとサトノクラウンの比較ですが、過去7枠に勝ち馬がいないこと、牝馬は昨年マリアライトが勝ちましたが過去10年では1頭しかいないこともあり、サトノクラウンを上位にとります。

結論

単勝11番 サトノクラウン


ユニコーンS・函館スプリントS 単勝予想

ユニコーンSの出馬表兼予想表です。
傾向的には3番人気までの馬が断然優勢。1番人気のリエノテソーロよりも7番アンティノウスの単勝を買うのが大外れはないと思いますが、能力順位が8位のため積極的に単勝は買えないと判断しました。

前日4番人気の8番サンライズノヴァを単勝候補とします。
サンライズソアも2番人気になっていますが、同冠名の人気薄(同馬主)を単勝候補にします。

印は穴に2頭付きました。13番ウォーターマーズは能力順位1番で7番人気、10番サンオークランドは能力順位6位で10番人気。実力と人気の差が大きいので印が付きました。

8番サンライズノヴァから13番、10番のワイド2点

2017年 6月18日(日) 3回東京6日目 16頭 [15:45発走]
【11R】  第22回ユニコーンS
3歳・オープン・G3(別定)(国際)(指定) ダート1600m

h7 馬名 性齢 替 騎手 斤量 単勝 調教師
1       16 シゲルコング 牡3 *木幡巧也 56 83.0 (美)松永康利
2       4 ハルクンノテソーロ 牡3 田辺裕信 56 13.1 (美)高木登
3       10 ブルベアバブーン 牡3 酒井学 56 79.9 (栗)藤沢則雄
4     8 $リエノテソーロ 牝3 *大野拓弥 54 2.6 (美)武井亮
5       7 サヴィ 牡3 藤岡佑介 56 13.6 (栗)中内田充
6       11 ラユロット 牝3 *杉原誠人 54 34.7 (美)藤沢和雄
7       8 アンティノウス 牡3 ルメール 56 6.2 (美)国枝栄
8   3 サンライズノヴァ 牡3 *戸崎圭太 56 6.7 (栗)音無秀孝
9       5 シゲルベンガルトラ 牡3 *横山典弘 56 25.7 (栗)服部利之
10     6 サンオークランド 牡3 *北村宏司 56 43.1 (栗)角居勝彦
11       11 タガノカトレア 牝3 菱田裕二 54 54.2 (栗)岡田稲男
12       14 テイエムヒッタマゲ 牡3 田中健 56 59.3 (栗)福島信晴
13   1 ウォーターマーズ 牡3 高倉稜 56 23.6 (栗)岡田稲男
14       15 トロピカルスパート 牝3 *丸田恭介 54 238.5 (美)高橋文雅
15       2 サンライズソア 牡3 岩崎翼 56 4.8 (栗)河内洋
16       13 トラネコ 牡3 *吉田豊 56 56.0 (美)堀井雅広

 

函館のメインは近年荒れているレースです。セイウンコウセイが強いと思いますが、単勝は軽ハンデの8番ジューヌエコールを狙います。

2017年 6月18日(日) 1回函館2日目 13頭 [15:25発走]
【11R】  第24回函館スプリントS
3歳以上・オープン・G3(別定)(国際)(特指) 芝1200m (A)

h7 馬名 性齢 替 騎手 斤量 単勝 調教師
1       11 ラインハート 牝6 *丸山元気 54 115.8 (美)上原博之
2       11 ノボバカラ 牡5 *浜中俊 57 34.5 (美)天間昭一
3     3 キングハート 牡4 *中谷雄太 56 9.0 (美)星野忍
4     3 エポワス セ9 *柴山雄一 56 23.5 (美)藤沢和雄
5       9 $イッテツ 牡5 *石橋脩 56 54.4 (美)斎藤誠
6       6 クリスマス 牝6 *松岡正海 54 14.1 (美)伊藤大士
7   5 $エイシンブルズアイ 牡6 *吉田隼人 56 23.0 (栗)野中賢二
8 単      7 ジューヌエコール 牝3 北村友一 50 6.3 (栗)安田隆行
9       13 $レヴァンテライオン 牡3 *蛯名正義 52 20.4 (栗)矢作芳人
10     2 シュウジ 牡4 *武豊 56 4.8 (栗)須貝尚介
11       10 ホッコーサラスター 牝6 *池添謙一 54 79.3 (栗)飯田祐史
12   1 セイウンコウセイ 牡4 幸英明 56 2.4 (美)上原博之
13   7 ブランボヌール 牝4 *岩田康誠 54 10.6 (栗)中竹和也

ユニコーンSの過去傾向を少々

今週末行われるユニコーンステークス(ダート1600m)の勝ち馬一覧です。
まずは人気の列を見ていただければ勝ち馬はすべて3番人気以内の馬が勝っています。3番人気以内は連対率も高いのがこのレースの1番の特徴です。(連対馬は表では取り上げていません)

次は通過順ではノンコノユメが差し、追い込みタイプの馬でしたが、最低でも10番手以内で動ける馬でなければ勝てないというのが傾向です。

次に前走レースですが、ダート1400からの勝ち馬は1頭だけその他はダート1600m以上の勝ち馬が9頭、時に例外もありますが、ダート1600m以上の経験がある馬が勝ち馬になる確率は高い傾向です。そして距離の適正も視野に入れながら東京ダート1600メートルを経験し、そのレースで勝っているような馬が過去の傾向から見えます。

ここでの表は前走しかありませんが勝ち馬の過去のレースを調べてみると東京ダートの1600mの経験馬強い傾向です。

前走レースからは兵庫CG2が3勝しています。3番人気以内の連対馬が取得の条件になりますが、今年の特別登録されているシゲルコングは4番人気5着ですから条件からは外れます。

端午、昇竜、青竜Sなどから3番人気以内に推奨された馬、または前走で500万条件を勝ってこのレースを走る馬がねらい目になるのではないでしょうか?

勝ち馬一覧(過去10年)

馬名 性齢 騎手 人気 距離 通過順 間隔 前走開催 前走レース名 前走距離 前走人気 前走着順 前走通過順
ゴールドドリーム 牡3 川田将雅 2 ダ1600    03-04 6 園田 兵庫CG2 ダ1870 1  03-02-02
ノンコノユメ 牡3 ルメール 2 ダ1600    15-14 5 2東8 青竜S ダ1600 5    10-09
レッドアルヴィス 牡3 蛯名正義 3 ダ1600    06-02 2 3東2 三浦特別1000 ダ1600 5    02-02
ベストウォーリア 牡3 戸崎圭太 3 ダ1600    06-07 6 園田 兵庫CG2 ダ1870 3  04-03-02
ストローハット 牡3 福永祐一 1 ダ1600    10-08 7 3中8 500万下* ダ1800 2  05-04-03
アイアムアクトレス 牝3 秋山真一 3 ダ1600    03-03 2 3京A 昇竜S ダ1400 2    03-02
バーディバーディ 牡3 松岡正海 1 ダ1600    04-03 5 園田 兵庫CG2 ダ1870 1  04-01-01
シルクメビウス 牡3 田中博康 1 ダ1600    12-07 5 3京4 端午S ダ1800 3  08-06-03
ユビキタス 牡3 安藤勝己 1 ダ1600    02-02 2 2名1 昇竜S ダ1700 1  01-01-01
ロングプライド 牡3 武豊 1 ダ1600    12-09 5 3京3 端午S ダ1800 1  09-10-05

集計期間:2007. 6. 2 ~ 2016. 6.19


安田記念単勝予想アンビシャス推奨

昨日と先週日曜日の予想は2頭まで絞れていましたが、推奨した馬は着外になっています。

ダービーのレイデオロ、鳴尾記念のステイインシアトル キルクルの法則にハマいる。
と考えていたが、人気の低い方を狙っているのだからこういう結果はよくあることだ。

今日の安田記念です。

1番人気 4回 2番人気 3回8番人気 2回 9番人気 1回

安田記念過去勝ち馬一覧

日付 馬名S 性齢 騎手 斤量 頭数 人気 着順
20160605 ロゴタイプ 牡6 田辺裕信 58 12 8
20150607 モーリス 牡4 川田将雅 58 17 1
20140608 ジャスタウェイ 牡5 柴田善臣 58 17 1
20130602 ロードカナロア 牡5 岩田康誠 58 18 1
20120603 ストロングリターン 牡6 福永祐一 58 18 2
20110605 リアルインパクト 牡3 戸崎圭太 54 18 9
20100606 ショウワモダン 牡6 後藤浩輝 58 18 8
20090607 ウオッカ 牝5 武豊 56 18 1
20080608 ウオッカ 牝4 岩田康誠 56 18 2
20070603 ダイワメジャー 牡6 安藤勝己 58 18 2

集計期間:2007. 6. 3 ~ 2016. 6. 5

昨年の勝ち馬ロゴタイプは8番人気でした。

近5年2番人気の勝ち馬はいません。
そろそろかな?とは思いますが、単勝2番人気には手を出しません。

このレースの過去は1番人気か2番人気それがこなければ、8番、9番人気というパターンです。

過去1回8番人気がきた次の年に9番人気がきて2年連続単勝高配当という
こともありました。

同じことが繰り返されるかもしれませんが狙った時にはこないというパターンが多いのが私の予想。9番人気は狙わないことにします。

今年の安田記念の予想根拠は単決シートの単回収率の高い馬を買います。

単決シート順位3位馬を狙います。過去10年の3位馬の成績です。

安田記念過去単決シート順位別集計

順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
1 3- 0- 0- 7/10 30.0% 30.0% 30.0% 72 43 104.4
2 0- 1- 1-12/14 0.0% 7.1% 14.3% 0 77 0.0
3 3- 4- 0- 3/10 30.0% 70.0% 70.0% 220 197 188.0
4 1- 2- 2- 7/12 8.3% 25.0% 41.7% 36 160 66.7
5 0- 0- 2- 5/ 7 0.0% 0.0% 28.6% 0 112 0.0
6 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
7 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
8 1- 0- 1- 9/11 9.1% 9.1% 18.2% 60 79 113.4
9 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2% 410 112 314.2
10 0- 0- 1- 9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0 60 0.0

集計期間:2007. 6. 3 ~ 2016. 6. 5

連対率70%、複勝率70%のという驚異的な数字で他を引き離しています。
昨年は2番人気のリアルスティールでしたが、11着という結果。

2年続けて複勝は外すことはないとというのが数値、過去の結果から読み取れます。

単勝・複勝推奨馬 4番アンビシャス

この馬で今年の安田記念は勝負します。以下が単決シートです。

2017年 6月 4日(日) 3回東京2日目 18頭 [15:40発走]
【11R】  第67回安田記念
3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝1600m (C)

馬名 性齢  騎手 斤量 単勝
1 15 トーキングドラム 牡7 *石橋脩 58 159.6
2 10 ディサイファ 牡8 四位洋文 58 112.4
3 14 サンライズメジャー 牡8 *池添謙一 58 151.9
4 3 アンビシャス 牡5 *横山典弘 58 9.5
5 18 $コンテントメント セ7 *モレイラ 58 36.6
6 8 レッドファルクス 牡6 M.デム 58 8.1
7 13 グレーターロンドン 牡5 *福永祐一 58 11.0
8 4 エアスピネル 牡4 武豊 58 6.1
9 15 ロンギングダンサー 牡8 横山和生 58 295.0
10 10 クラレント 牡8 岩田康誠 58 93.9
11 7 ブラックスピネル 牡4 *松山弘平 58 18.8
12 17 $ビューティーオンリー セ6 パートン 58 15.6
13 12 ロジチャリス 牡5 内田博幸 58 42.8
14 6 サトノアラジン 牡6 川田将雅 58 12.3
15 1 イスラボニータ 牡6 ルメール 58 3.6
16 5 ロゴタイプ 牡7 田辺裕信 58 14.4
17 9 ヤングマンパワー 牡5 松岡正海 58 29.4
18 2 ステファノス 牡6 *戸崎圭太 58 9.1

鳴尾記念 単勝馬券

予想アップが遅れました

種牡馬の傾向ではキングハメハメハの産駒が過去6年で3回勝っている2着、3着がないがないのは気になるが勝率は一番だ。

一昨年はキングカメハメハ産駒ラヴリーデイが1着、昨年は同種牡馬のヤマカツエースが1番人気に推されたが、6着と馬券圏内から外れた結果になった。

昨年はディープインパクト産駒、サトノノブレスが勝ち鳴尾記念では初めてこの産駒が勝った今年はディープ産駒かキンカメ産駒のどちらか?と考えているが、

今年はディープ産駒は1番ラストインパクト、6番デニムアンドルビー、8番スマートレイアーの3頭、キングカメハメハの産駒は4番スズカデヴィアスの1頭だけだ。

人気は前日深夜で動いてはいるが、1番人気8番スマートレイアー、2番人気5番バンドワゴン3番人気はスズカデヴィアスになっている。

バンドワゴンはルメール騎手が騎乗で人気が出ているような気もしないではないが、前走1着馬は無視できない。

この1番人気から3番人気を見ると8番スマートレイアーは7歳馬で過去10年7歳馬が勝ったことがなく、単勝馬券の候補からは消える。

2番人気の5番バンドワゴンは実績的に評価はできない。
1600万条件を勝っただけで重賞は3歳の時の2着だけでは力が足りないとみる。

充分な休みを取りながら大事にしているのか?馬の個体が弱いのか分からないが休み明けで今回勝てるのかも疑問だ。

次に血統であげた1番ラストインパクト、デニムアンドルビーは7歳馬で単勝候補から外した。

残ったのは3番人気になっているスズカデヴィアスだけが残る。だがスズカデヴィアスにしても前走は11着、おまけに阪神競馬場の成績が振るわない。

色々と考えたが、これと言って推奨できる馬がいない。

8枠が強いのでステイインシアトルとミュゼエイリアンの2頭だけがなんとかなりそうな2頭だ。

大外が傾向的に強いこと、また10番枠も同じことが言える。

単勝・複勝はミュゼエイリアン

ワイドでステイインシアトルとミュゼエイリアン。

しかし、あまり勝負はしない方が無難だと感が働いている。

明日の安田記念が今週のメインのため今日は少々しか馬券は買わない。

今オッズをみたが、推奨したミュゼエイリアンは10頭立ての9番人気単勝は34倍を超えたところです。

10頭立てでブービー人気の単勝を買うなんてありえないことですね。

ステイシアトルの方が騎手から考えても有力ですが、少しの額なのでミュゼエイリアンにしました。

これを読んでる方はステイシアトルから入る方が無難です。

 


ダービーの単勝、複勝は1番ダンビュライト

今年のダービーの上位人気馬、過去傾向を比較するとどの馬にも死角があり、予想が難しいレースです。

アドミラブルが1番人気になっていますが、前走が青葉賞であること、大外であることを考えるといくら腕のいいデムーロ騎手でも難しいレース運びになると傾向から読めます。

皐月賞を勝ったアルアインはダービー騎手にはまだまだ早い騎手で前走成績が良くても食いつけません。過去に勝った騎手の傾向をみると若い騎手がほとんどいません。

ダービーで勝つ騎手は年齢が比較的高い騎手として熟した人ばかり。特に35歳を超えた騎手が信頼性が高くなっています。。

昨年の川田騎手とかオルフェーブルで勝った池添騎手は若くして勝ちましたが、それでも30歳は越してました。

今年で言えば松若風馬、藤岡佑介、丹内祐次、高倉稜、松岡正海の5名はダービー騎手としてはまだ若すぎるでしょう。人気にもなっていませんが。

また、みんなが知っているのはテン乗りは勝てないということでしょう。

ダービーではお手馬に乗っている騎手を狙うのがセオリーになっていますし、実際結果もそうなっています。傾向とかジンクスは破られるものですが、今年のダービーで破られる保証はありません。丹内祐次、戸崎圭太、内田博幸この3名がテン乗りです。

ペルシアンナイトが人気がない理由は戸崎騎手がテン乗りだからという想像も働きます。

松若風馬、藤岡佑介、丹内祐次、高倉稜、松岡正海、丹内祐次、戸崎圭太、内田博幸、今年のダービーから傾向やジンクスを信じるならこの8人の騎乗馬は消しでしょう。

また同じ傾向に「青葉賞組は勝てない」というのもあります。

今年の青葉賞はアドミラブル、ベストアプローチ、マイネルスフェーンがいます。

この3頭も消すか消さないか?という判断が必要です。(消してしまいました。)

予想はこれに加えて過去10年のダービーをTERGET frontier JV のZI指数や補正タイムを使用してエクセルで計算させ順位付けをした数字の傾向も加えました。
その数値の傾向は5以下の馬から勝ち馬が出ています。

アドミラブル、ペルシアンナイト、アルアイン、ダンビュライト、レイデオロの5頭が該当するが「テン乗り」のペルシアンナイト、騎手が若いアルアイン、青葉賞組のアドミラブルがここから消えます。

残ったのは1枠1番 ダンビュライト、6枠12番 レイデオロです。

これも傾向では「6枠の勝ち馬なし」から1枠、1番ダンビュライトが残ります。

ダービーの結論は1枠1番ダンビュライト1頭が残りました。ダービーを何度も勝っている武騎手ですがこれほどダービーを勝っている騎手もいませんね。

6回目のダービー制覇なるかもひそかに注目しています。

 

2017年 5月28日(日) 2回東京12日目 18頭 [15:40発走]
【10R】  第84回東京優駿
3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝2400m (C)

馬番 騎手

年齢

乗替 青葉賞 順位5以外 順位 馬名 性齢  騎手 斤量 単勝
1     ダンビュライト 牡3 武豊 57 13.1
2 ×   × 18 アメリカズカップ 牡3 松若風馬 57 133.6
3       × 15 マイスタイル 牡3 横山典弘 57 149.0
4       × 8 スワーヴリチャード 牡3 四位洋文 57 6.5
5   ×   × 11 クリンチャー 牡3 藤岡佑介 57 29.8
6     × 7 サトノアーサー 牡3 川田将雅 57 8.0
7 ×   3 アルアイン 牡3 松山弘平 57 7.4
8 ×   × 13 トラスト 牡3 *丹内祐次 57 151.4
9     × × 17 マイネルスフェーン 牡3 柴田大知 57 191.7
10     × × 9 $ベストアプローチ 牡3 岩田康誠 57 52.9
11 × 2 ペルシアンナイト 牡3 戸崎圭太 57 12.5
12   ×     4 レイデオロ 牡3 ルメール 57 4.2
13       × 6 カデナ 牡3 福永祐一 57 12.4
14   × × 13 ジョーストリクトリ 牡3 内田博幸 57 235.3
15       × 12 ダイワキャグニー 牡3 北村宏司 57 33.2
16 ×    × 15 キョウヘイ 牡3 高倉稜 57 134.8
17 ×    × 10 ウインブライト 牡3 松岡正海 57 94.4
18     × 1 アドミラブル 牡3 M.デム 57 4.1

 


優駿牝馬(オークス)の単勝予想です。

優駿牝馬(オークス)の予想です。

印はフローレスマジックに◎、穴はハローユニコーンを推奨馬とします。

穴は6番ハローユニコーン JRAマイニングタイム型の指数1位馬です。

指数1位馬が10番人気ですから何か見落としている かも知れません。狙う価値はあります。

2番人気アドマイヤミヤビは 前走12着で勝ち馬からの着差1秒、過去10年ではメイショウマンボが10着、0.9差から 勝ち馬になっていますが、これ以上の着順と着差から巻き返せのかが不安材料です。

1番人気のファンケル産駒ソウルスターリングと3番人気のリスグラシューは父と父母のコンビが勝ち馬パターンに ないことで評価を下げています。

色々理由を書いていますが、上位人気をあまり狙わないのでこういう結論になります。

出走表に順の欄を入れました。これは4種類の指数を平均化して順位をつけています。

回収率がいいのは順位1位2位が100%以上あります。単勝以外の馬券を買う人の参考です。


2017年 5月21日(日) 2回東京10日目 18頭 [15:40発走]
【11R】  第78回優駿牝馬 (馬連5%UP/予定)
3歳・オープン・G1(定量)(牝)(国際)(指定) 芝2400m (B)

馬名 性齢 替 騎手 斤量 単勝 調教師
1     4 モズカッチャン 牝3 和田竜二 55 14.9 (栗)鮫島一歩
2     1 *ソウルスターリング 牝3 ルメール 55 2.5 (美)藤沢和雄
3   5 フローレスマジック 牝3 戸崎圭太 55 12.6 (美)木村哲也
4     12 ミスパンテール 牝3 四位洋文 55 47.2 (栗)昆貢
5     11 モーヴサファイア 牝3 北村友一 55 56.4 (栗)池添学
6   9 ハローユニコーン 牝3 田辺裕信 55 34.5 (栗)鮫島一歩
7     10 ディアドラ 牝3 岩田康誠 55 26.1 (栗)橋田満
8     12 ホウオウパフューム 牝3 *松岡正海 55 22.2 (美)奥村武
9     16 ディーパワンサ 牝3 内田博幸 55 169.1 (栗)松下武士
10     7 ブラックスビーチ 牝3 北村宏司 55 25.1 (栗)角居勝彦
11     15 レッドコルディス 牝3 *吉田豊 55 82.2 (栗)高橋義忠
12     17 ブラックオニキス 牝3 *大野拓弥 55 194.8 (美)加藤和宏
13     3 レーヌミノル 牝3 池添謙一 55 10.9 (栗)本田優
14     2 リスグラシュー 牝3 武豊 55 5.9 (栗)矢作芳人
15     8 ヤマカツグレース 牝3 横山典弘 55 38.9 (栗)池添兼雄
16     6 アドマイヤミヤビ 牝3 M.デム 55 5.4 (栗)友道康夫
17     14 カリビアンゴールド 牝3 田中勝春 55 65.1 (美)小島太
18     18 マナローラ 牝3 *蛯名正義 55 110.5 (栗)鮫島一歩

 


オークスを生産者、馬主から見る

オークス過去10年の生産者の表を載せました。過去10年以下の3生産者が勝ち馬を出しています。社台ファーム、ノーザンファーム この二つの生産者で9割を占めています。もちろん出走頭数も多いのですが、どちらかの生産者の単勝馬券を買い続けるとプラス回収になります。大レースになるとこの二つの生産者は外せないところです。

オークス 生産者別

生産者 着別度数 勝率 複勝率 単適回値
ノーザンファーム 6- 7- 4-25/42 14.3% 40.5% 108.6
社台ファーム 3- 2- 2-29/36 8.3% 19.4% 115.5
Mr. & Mrs. Larry D. Williams 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 1170.0

集計期間:2007. 5.20 ~ 2016. 5.22

下は過去10年の勝ち馬の馬主と生産者のコンビです。昨年はキャロットファームとノーザンファームで決まっています。

オークス勝ち馬の馬主と生産者

日付 馬名 馬主(最新/仮想) 生産者
160522 シンハライト キャロットファーム ノーザンファーム
150524 ミッキークイーン 野田みづき ノーザンファーム
140525 ヌーヴォレコルト 原禮子 社台ファーム
130519 メイショウマンボ 松本好雄 高昭牧場
120520 ジェンティルドンナ サンデーレーシング ノーザンファーム
110522 エリンコート 吉田照哉 社台ファーム
100523 アパパネ 金子真人ホールディングス ノーザンファーム
100523 サンテミリオン 吉田照哉 社台ファーム
090524 ブエナビスタ サンデーレーシング ノーザンファーム
080525 トールポピー キャロットファーム ノーザンファーム
070520 $ローブデコルテ 前田幸治 Mr. & Mrs. Larry D. Williams

集計期間:2007. 5.20 ~ 2016. 5.22

下は今年の出走馬の馬主と生産者の一覧です。太字が有力なコンビということになりますが、キャロットファームとノーザンファームの組み合わせとサンデーレーシングとノーザンファームの組み合わせ今年はサンデーレーシングとノーザンファームの組み合わせが人気がさほどないので楽しみです。

人気のソウルスターリングですが、ファンケル産駒(ニアークティック系)はG1では人気になりすぎて買えません。ニアークティック系はG1ではいつもきってしまう血統です。ハービンジャーと同じように大きなレースでは単勝は買えない血統です。

今年はフローレスマジックが血統や生産者、馬主という中では過去の勝ち馬に合致する1頭です。

馬名 馬主 生産者
モズカッチャン キャピタル・システム 目黒牧場
ソウルスターリング 社台レースホース 社台ファーム
フローレスマジック サンデーレーシング ノーザンファーム
ミスパンテール 寺田千代乃 三城牧場
モーヴサファイア 吉田和美 ノーザンファーム
ハローユニコーン CHEVAL ATTACHE 村下明博
ディアドラ 森田藤治 ノーザンファーム
ホウオウパフューム 小笹芳央 ノーザンファーム
ディーパワンサ キャロットファーム ノーザンファーム
ブラックスビーチ 山本英俊 社台ファーム
レッドコルディス 東京ホースレーシング 富田牧場
ブラックオニキス 岡田牧雄 広富牧場
レーヌミノル 吉岡實 フジワラフアーム
リスグラシュー キャロットファーム ノーザンファーム
ヤマカツグレース 山田博康 岡田牧場
アドマイヤミヤビ 近藤利一 ノーザンファーム
カリビアンゴールド H.H.シェイク・モハメド ダーレー・ジャパン・ファーム
マナローラ 前田幸治 ノースヒルズ