「 馬券生活記 」一覧

馬券の調子落ち

元野球選手清原が覚せい剤所持で逮捕されたというニュースが朝からテレビで流れ続けている。

スパースターの事件だから仕方がないがベッキーの不倫騒動やスマップの解散騒ぎとマスコミ報道がにぎわっている。

 

「人のゴシップは蜜の味」だった?

野球のスパースターでも国民的アイドルグループでも個なんてそれほど強いものではないのだ。

 

清原の場合は心が弱い人間であの風貌はその裏返しなのかもしれない。

 

さて今年に入って単勝の調子が悪い。

2頭選んで一頭に勝負すればほとんどレースには来ない。

決まって5着、6着

 

月単位で考えればこういう時期は必ずあるが、自分の記憶では2月~3月が一番低迷しているのだが、

今年は1月中旬から低迷している。

 

しかし、予想方法は変える気はない。

 

ブログを見ている人やメールマガジンの購読者は離れていくのもこういう時だ。

 

予想には好不調があるのは誰にでもわかることだが、私を参考に馬券を買い外れたひとは

当たりどころのない悔しさに購読解除や、ブログを見るのをやめるのだろう。

 

当然だろう。大枚をはたいて買った馬券が外れるのだから

 

しかし、予想を出す私も後ろめたさを持つということも知って欲しい。

私は予想と同じ馬券を買う。だから悔しさも当然あるのだ。

 

長い付き合いの方はわかっていただけると思う。こんな時期は数回ある。

しかし、年間トータルは必ずプラスする。

 

重賞では勝つ馬は絞れてくるものだ。

どんな騎手とそんな血統が来るのかをある程度理解できていれば予想がしやすい。

 

単勝馬券が当たるまで我慢し、複勝で元返しを常に狙う。

これ以外に勝つ方法が思い浮かばない。

 

3連単が的中した時の爆発力はすごい、それは知っているがなかなか当たるものではない。

反対に人気の馬ばかり買うのも地味すぎて面白くない。

 

馬券はトータルで200%

あればすごいのだ。

 

一時期の回収率に目が点になることなどほとんどないのがギャンブルだと

私はそうわきまえている。

 

勝ちたいが勝てない。

 

甘くはないのだ。

人生も同じだが、いい日がそんなに続くわけがない。

 

波があるのがふつうなのだ。

 

波に乗る日もあれば乗れない日もある。

乗れない日に我慢ができるのか?

それが勝負強さにも関係してくるのだ。

 

馬券が調子が悪いのを自分で慰めて意味不明の文章になってしまった。

 

さて我慢の時期がいつまで続くのか?

 

毎週馬券を買うから調子の悪い時は少なめにしておこうか?

1万円を半額くらいにまでおとしてしばらく様子をみよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おめでとうは金杯から

新年あけましておめでとうございます。

 

今年も競馬は金杯から始まりました。

 

「一年の計は金杯にあり」テレビのコピーです。

 

昨年は有馬記念を外しおとなしい正月を迎えたが、今日の金杯だけはどうしても

とりたいと中山金杯を買った。

 

マイネルフロストの単勝3700円

中途半端な額はこのレースで1万円分買ったためだ。

 

惜しくも2着、いつもなら複勝を買っているのだが買っていない。

いわゆる保険に入っていなかった。

 

 

 

 

 

次は京都金杯

実はこのレースは中山金杯より後に行われたが、先に買い目が決まったのはこちらの方だ。

こちらは単勝1点のみ

「こちらの方へ多くかければよかった」は結果が出てのこと

 

今日の2レースで使ったお金は1万4千円

24400円の払い戻しで1万円のプラス。

 

大きくは勝てなかったが、幸先の良い結果だった

と自己満足。

 

 

ギャンブルは勝たないといけない。まぁすべてに勝たないと意味がないとは思うが、人生と違いギャンブルは

努力した過程などなんの役にもたたない。

 

1万円かけて1万円が戻ってきてもなんの足しにもならない。勝たなきゃならない。

競馬は勝たなきゃやっている意味がないのだ。

と自分に言い聞かせる。

 

私は予想家ではない。プロの馬券師でもない。

ただ、競馬生活で余生を過ごしたいと思っている。

 

数年後を目標にしていたが、会社の人事で忙しいポストを任された。

還暦を迎えるというのに。

 

仕事がないよりはましなのか?

自分の好きな人生を歩めないでいる。

 

数は少ないが私の予想メールを読んでくれている方

ブログを訪れていただいている方

 

今の状況ではレース当日1時間を切る位に予想が更新されることになる。

馬券は重賞があれば毎回買うが予想配信は毎回というわけにいかない時も

あると思う。

 

ご容赦願いたい。

 

さて下の出馬表の説明をしよう。

見出しが単になっている欄の数字は単勝候補の順位。

1はトーセンスターダムになっているがそのまま単勝候補ではない。

この数字にも傾向がある。

競馬場により、勝率がことなっている。

京都金杯は京都競馬場

京都競馬場の単勝候補は2,5,8,11 この4頭を買い続けていると

回収率はプラスになる。

2は12番エキストラエンド、5は7番ウィンプリメーラ、8は6番ミッキーラブソング

11は14番テイエムタイホー

ただし、エキストラエンドとテイエムタイホーは7歳馬で単勝の目は殆どなく連、複圏内

残るはウィンプリメーラとミッキーラブソングだが、重賞勝ちが多いことと軽ハンデのウィンプリメーラ

に単勝を決定した。両方の単勝を資金配分してもいいだろうと思う。

 

2016年 1月 5日(火) 1回京都1日目 17頭 [15:45発走]
【11R】  第54回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際) 芝1600m・外 (A)

馬名 性齢 替 騎手 斤量 単勝 馬体重 調教師
1 1   16 ニンジャ 牡7 熊沢重文 53 69.3 476 – 2 (栗)宮徹
1 2   13 バッドボーイ 牡6 *幸英明 53 75.5 514 0 (栗)河内洋
2 3   3 シベリアンスパーブ 牡7 *藤岡康太 54 9.6 512 + 6 (美)手塚貴久
2 4   10 ケイティープライド 牡6 *秋山真一 53 19.0 496 + 4 (栗)角田晃一
3 5   14 メイショウマンボ 牝6 武幸四郎 55 31.3 496 + 4 (栗)飯田祐史
3 6   8 ミッキーラブソング 牡5 小牧太 54 13.0 468 + 4 (栗)橋口弘次
4 7 5 ウインプリメーラ 牝6 *川田将雅 53 6.1 452 – 2 (栗)大久保龍
4 8   9 $エイシンブルズアイ 牡5 *和田竜二 56 9.7 468 – 2 (栗)野中賢二
5 9   4 オメガヴェンデッタ セ5 岩田康誠 55 6.1 514 + 8 (栗)安田隆行
5 10   12 マジェスティハーツ 牡6 森一馬 56 34.1 496 – 4 (栗)松永昌博
6 11   6 ダイワマッジョーレ 牡7 *松若風馬 57.5 37.9 442 + 4 (栗)矢作芳人
6 12   2 エキストラエンド 牡7 吉田隼人 57 8.9 478 + 8 (栗)角居勝彦
7 13   7 マーティンボロ 牡7 *フォーリ 57 32.3 456 +16 (栗)友道康夫
7 14   11 テイエムタイホー 牡7 *浜中俊 57 37.7 498 – 2 (栗)鈴木孝志
8 15   15 タガノエスプレッソ 牡4 菱田裕二 54 22.9 454 +12 (栗)五十嵐忠
8 16   1 トーセンスターダム 牡5 *武豊 57.5 3.8 504 + 8 (栗)池江泰寿
8 17   17 ドリームバスケット 牡9 *川須栄彦 52 228.6 464 – 2 (栗)中村均

 

次回からはこの表を前日にアップし当日1時間前に更新することにする。

いつも自分勝手に方法を変えるがお付き合い願いたい。

ちなみこのレース後で気づいたことだが、1着はウィンプリメーラ

2着テイエムタイホー、3着ミッキーラブソングという結果

 

4頭の単勝候補のうち3頭が3着までに入っていた。

馬連から万馬券、買わなくてよかった。

こんなのが当たっていたのでは、運が尽きてしまう。

 

静かに大人しくコツコツとギャンブルをしよう。


馬体重が減った馬は消し。

今日の阪神ジュベナイルSは馬体重400キロそこそこのキャンディーバローズを
推奨してしまい申し訳ございません。

 

いくら2歳牝馬といえどもマイナス10キロで402キロの馬を選ぶというと
いう馬鹿げた予想をした。

 

最低でも460キロは欲しいところだ。牝馬でも440キロくらいはなくては勝ち目がない。
そしてマイナス二ケタは選ぶべきではない。

 

結果を見ての話だが、勝ったメジャーエンブレムは牝馬か?と疑うくらい
他の馬達とは馬格が違った。

 

1番人気だから買えなかったが、こんな場合は買わない選択も必要だっただろう。

私の単勝を狙う方法は殆どが1番人気を消すことことから始まるが、レースによっては1番人気
しかいない時がある。

 

そこは敬遠するか?2倍少し超えた1番人気を買うかの選択を迫られる。

たとえ2倍台でも単勝を当てた快感に浸ることはできる。

 

しかし、2倍代の単勝を外した時のストレスは半端じゃない。

4番人気以降での単勝をはずしてもさほどストレスにはならないが・・・・

 

 

さて、いつも考える。

自分の予想を消却法にするか?加点法にするかだ。

焼却法ならデータをしっかりととらなければならない。

 

加点法ならデータも必要だが、加点し計算する過程が必要だ。

ソフトなどを利用するか?作成するか?

 

きっと作業効率からいくと前者の焼却法になると思う。

JRAのマイニング指数とか対戦型マイニングのようなもの。

 

色々なソフトもあるが、結局のところ指数と人気のギャップを狙った方が
回収率もいい。

 

それは経験的なものだが、これを一度データをとりたいと考えている。

時間がないのが難点だが・・・

 

 

やってみよう。

 

 

それでは最後に今日のレースの反省をもう一度

 

馬体重が二ケタも減ったような馬、そして馬体重が軽い馬は軽視しよう。

 

今日の格言めいた言葉だ。


単勝穴狙いは騎手で決める。

「馬7ヤネ3という競馬の格言」がある。ヤネとは騎手のこと。

 

この格言が今も通用するのか?という疑問が起こったレースが先週中京で行われた

ダートGⅠチャンピョンズカップである。

 

なんと16頭中12番人気確定した単勝オッズは66.4倍という単勝穴馬券だ。
中央の競馬では成績はパットしないが、地方競馬では活躍していた。

騎手はミルコ・デムーロ 上手い騎手ではあるが、ダートではG1勝ちはなく連対は

一度のみ。芝では買えるがダートでは馬券になりずらい。

 

傾向を予想ファクターにするなら買えない馬であり、買えない騎手かもしれない。

 

では、時計をファクターにしている人はどうか?
地方競馬タイムと中央競馬タイム比較をして買える馬だっただろうか?

 

昨年同レース15番人気で4着しているという実力はどう評価されていただろうか?
恐らく4着はフロックと思われていたように推察する。

12番人気だからそこそこ見ている人はいたかもしれない。

 

さて予想ファクターに何を重要視すればいいのか?

私は冒頭に書いた「馬7、ヤネ3」を無視する方法を考えた。
というよりも馬7とヤネ3の比率を変えるのがいいのではないだろうか?

私が普段使用している騎手偏差値表というものがある。

これを今回のチャンピョンズカップに当てはめ騎手を消却する

以下は馬番1番からの出走騎手

ルメール

大野拓弥
和田竜二
M.デム
酒井学
秋山真一
武豊
アッゼニ
岩田康誠
ムーア
松山弘平
ボウマン
幸英明
パートン
津村明秀
浜中俊

 

消しの対象にならないのは7名。次に馬の年齢で消す。7歳以上は

は消しの対象にしている。GⅠで7歳以上が勝つことは稀である。

 

ルメール

和田竜二
M.デム
岩田康誠
ムーア
幸英明
浜中俊

 

残ったのは

ルメール(2着)、M.デムーロ(1着)、幸(5着)、浜中(4着)の4名の騎手と(内)は着順

馬連や馬単ならこの4頭で決着した。

ちなみに私は単勝派で狙ったのは浜中騎乗のロワジャルダン。

狙った理由はルメール、幸は本命サイド、M・デムーロはあまりに人気うすで怖かった。

それで無難にロワジャルダンを狙った。無難と言っても単勝8番人気だから単勝なら穴狙い

というところだろう。

左はロワジャルダンの単勝馬券2000円分

このレースは予想でも書いたが、荒れそうなレースとふんで穴狙いをした。

残念ながら考えていたよりも単勝は穴になってしまった。

 

しかし、着眼はよかったと思う。

荒れそうなレースは騎手(自分作成の偏差値)を使用する。

頭数が多い時は年齢7歳以上を切る。

穴など狙って獲れるものでない。特に単勝の1点買いでは難しいだろう。

 

そんな時は騎手〈ヤネ)で予想するのもいいのではないだろうか?

という提案です。

 

その騎手偏差値は年末の有馬記念を終わって更新することに毎年してい

るが、蛯名騎手のように前年は成績はよかったが今年はイマイチとか

福永騎手のようにGⅠに縁がないなど色々なことが解ってくるので半年に

一度の更新にしようと現在考えている。

 

無料レポートで公開する予定なので興味のある方はダウンロードしていただければと

思います。更新した際にはメールマガジンにてお知らせします。

 

 

 

 

 


武豊騎手と馬券とストレス

GⅠで36連敗中ということを言われ女性問題や身内のスキャンダルで競馬以外

で注目を浴びている。

GⅠでは乗る方も馬券を買う方もストレスが溜まっているが、

 

GⅠは勝てないまでもリーディングジョッキー争いでは現在5位という好成績。

G1以外ではストレスはない。

 

以下の表は今年の重賞のクラス別成績。
GⅢでは単勝回収率は100%を超えている。


クラス別

クラス 1着 2着 3着 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
G3 5 2 0 22 22.7% 31.8% 31.8% 118 56
G2 2 2 4 17 11.8% 23.5% 47.1% 44 96
G1 0 0 0 15 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2015. 1. 4 ~ 2015.11.29
限定条件:芝のみ

 

下の表は武騎手の重賞人気別の成績

 

人気別

人気 1着 2着 3着 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 1 2 0 7 14.3% 42.9% 42.9% 70 70
2番人気 4 1 2 11 36.4% 45.5% 63.6% 141 97
3番人気 1 1 1 6 16.7% 33.3% 50.0% 100 113
4番人気 1 0 0 3 33.3% 33.3% 33.3% 233 63
5番人気 0 0 1 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 76

集計期間:2015. 1. 4 ~ 2015.11.29
限定条件:芝のみ


私の推奨する基本1「5番人気以内の7以上、14.9倍以下の単勝オッズの馬を狙え」
から1番人気以外、2~4番人気の馬券を買っていれば100%を超える

 

この辺が重賞、特にG3で武騎手を買う買わないの判断材料となりそうだ。
注意事項としては5倍~6.9倍の単勝オッズが狙いで、私が推奨する7倍以上の単

勝オッズでは回収率は悪い。

 

単勝馬券の買い方は人それぞれにセオリーを持っていると思う。

 

1点勝負が私の基本だがジャパンカップのように切った馬が勝ち、選んだ馬が2着で

は非常にストレスが溜まる。

 

馬単や馬連、ワイドが頭にあれば、的中しているかも知れない。
いくらストレスが溜まっても1点勝負の基本は変えてはいけない。

複勝で元返しそれで満足しなければいけない。

 

ストレスに関しての話だが、馬券で生活をしている人、競馬で生活している人は馬券

でストレスをためてはいけない。

ストレスの発散を時々はしなければキツイと思う。

 

別の仕事でストレスを抱えていれば馬券買いはストレスの発散になるだろうが、反対

に仕事でストレスはないのに馬券でストレスを抱えるのは愚の骨頂だ。

 

 

ところで、ストレスチェックはもう済みましたか?

厚生労働省のソフトを使って本日やってみました。

私にはストレスはないようだ。

 

何も考えずに生きているから人生でストレスを抱えたことはあまりない。

唯一のストレスと感じたことは「離婚」の時だった。
今となっては懐かしいが・・・

 

それ以来、結婚という言葉から逃げ回って今に至る。

余計なことを書いてしまったか?

それではまた・・・


リアルインパクトは2着【ジャパンカップ結果】

手に汗を握りゴールでは一瞬勝ったと思った。

 

悔しいの一言。基本の馬券ショウナンパンドラとサウンズオブアースを外し、ラストインパクトの一発に賭けたが・・・

単勝馬券の買い方「5番人気以内の7以上〜14.9倍以下の単勝オッズの馬を狙え」

ショウナンパンドラとサウンズオブアースが該当。

 

買ったのは左の単複。

 

15時で26倍付近のオッズ完全に私のセオリーからの馬券ではないが、パットで購入した。

 

ゴールするまで完全に自分の予想が的中したと勘違いするくらいにゴールは接戦だった。

 

久々にショックを受けた。久々だなぁこの悔しさ。

それで熱くなり買わないはずの阪急杯にまで手を出しはずした。

 

しばらく単勝的中から遠ざかっている。運も味方してくれないが、買う馬券が複勝的中ばかり。

10レースに一度的中すればいいと今は購入しているが、これでは馬券生活を実現するのは難しい。

 

リアルインパクト6番 2着 (7番人気)単勝23.9倍

複勝6番3.8倍

 

今日のショウナンパンドラの単勝を買えないと馬券生活はまた挫折するだろう。

ジャパンカップのような大レース5番人気位までが単勝候補。1番人気は最初から外すから最初の予想では4頭に絞り他は連対候補となる。

はずだった。

 

ショウナンパンドラの騎手が池添でなければ素直に買えたが、GⅠから遠ざかっている騎手を単勝候補にするのは不安だ。

だから買わなかった。ここ2週どん底か?

 

とは言ってもトータル的にはプラスで今月も終えた。

 

[ 2015年11月 ]

日付 場所 R 購入金額計 払い戻し計 回収率 損益 損益累計 点数
1日 東京9 11R 6000円 12000円 200.0% 6000円 6000円 2
1日 東京9 12R 12000円 15200円 126.7% 3200円 9200円 2
7日 東京1 11R 6000円 12800円 213.3% 6800円 16000円
7日 京都1 11R 6000円 37000円 616.7% 31000円 47000円 2
8日 東京2 11R 9000円 15600円 173.3% 6600円 53600円 2
8日 京都2 11R 6400円 8400円 140.0% 2400円 56000円 2
15日 京都4 11R 6000円 8400円 140.0% 2400円 58400円 2
22日 京都6 11R 6000円 -6000円 52400円 2
28日 京都8 11R 9000円 0 0 -9000円 43400円 2
29日 東京9 11R 6000円 15200円 253.3% 9200円 52600円 2
29日 京都9 12R 9000円 -9000円 43600円 2
11月計 購入累計 11R 81000円 124600円 153.8%   43600円 22

予想と結果が相反するのが競馬(ギャンブル)

私の数少ない友人の一人の話である。

彼は競馬には興味がないがなぜか馬券だけは毎週買う。

 

「俺ははプロだから」と話すが、私には茶化しているようにしか見えない。

ただ、彼はよく的中する。

 

そして彼はオッズと馬名しかみていない。

 

名前がいいとか、普段は見たこともないパドックでこの馬にピンときたなどと
馬券を買うがこれがよく当たる。

 

「ギャンブルなんて勉強してもためにはならん。」

 

そういう彼は他のギャンブルにも手を出していたが大負けをしたという話は一度も
聞いたことがない。

 

その彼がの口癖は「予想と結果が相反するのがギャンブル」である。

 

いくら立派な予想をしても結果は予想に反して違う結果になる
だから予想に時間をかけるのは馬鹿げているというのだ。

 

人気の馬を買っていても儲けられないし、人気薄ばかり買っていても外れてばかりじゃ
面白くない。

だからその中間を狙うのだそうだ。

 

人気でもなく人気薄でもない。それはオッズで判断するらしい。

人の予想法にはあまり興味はないが、私が負けて熱くなっている時の
彼はなんだかうれしそうなのが非常に嫌みに思える。

 

だがなせか?

不愉快にならないのはなぜだろう?

 

競馬の予想は競馬の楽しみの一つだが馬券の収入ということから
見るとどんな予想をしても当たれば勝ち、外れれば負け。
勝ち負けしかない。

 

コンピ指数、スピード指数などの指数、血統、騎手、調教、パドック、
過去傾向、運勢、馬名、サイン、オッズ分析。

 

色々な予想法があるがどれを使っても使わなくても回収率さえ高ければ
それでいいのだ。

 

短絡的かも知れないが、最終的には回収率が高くどれだけ馬券で稼げる
かが馬券生活の質にも関わることだと思っている。

 

さてジャパンカップが今週に迫ってきたが、外国馬が入ると私の
使う指数が機能しない。

 

それが欠点なのだが、世の中にはたくさんの予想ソフトがある。
その中で私が注目したのはJRAデータマイニング指数。

 

これだと2002年まで遡って指数の動向が見れるので便利。

きっとコンピ指数とかスピード指数を使っている人も同じだろうと考える

 

単勝馬券はあまり大荒れした記憶がないが、スクリーンヒーローが
勝った時だけは覚えている。

 

そのスクリーンヒーローの子供が今年は重賞で少々活躍した。

 

安田記念を勝ったモーリスやアルゼンチン共和国杯を勝ったゴールドアクター
毎日杯1着、セントライト記念2着のミュゼエイリアンなどが代表格。

覚えておいて損はないか?

 

話がそれたが、マイニング指数2位の馬が狙い目とだけ
今日は書いておきます。

 

それではつたないブログ文章にお付き合いいただきありがとう
ございます。

それでは


マイルチャンピョンシップ結果と単勝馬券について

以下はマイルチャンピョンシップ確定後の集計表です。

[ 2015年11月 ]

日付 場所 R 購入金額計 払い戻し計 回収率 損益 損益累計 点数
1日 東京9 11R 6000円 12000円 200.0% 6000円 6000円 2
1日 東京9 12R 12000円 15200円 126.7% 3200円 9200円 2
7日 東京1 11R 6000円 12800円 213.3% 6800円 16000円
7日 京都1 11R 6000円 37000円 616.7% 31000円 47000円 2
8日 東京2 11R 9000円 15600円 173.3% 6600円 53600円 2
8日 京都2 11R 6400円 8400円 140.0% 2400円 56000円 2
15日 京都4 11R 6000円 8400円 140.0% 2400円 58400円 2
22日 京都5 11R 6000円 0円 0% -6000円 52400円 2
購入累計 7R 51000円 109400円 191.9% 52400円 16

マイルチャンピョンシップの結果

予想通りオッズの壁が大きい4番人気以内で決まった。
モーリス
フィエロ
イスラボニータ
サトノアラジン

の順

 

モーリスは最終的には4番人気、このレースの傾向通りだが、イスラボニータ以外は接近していてどの

馬が4番人気になるか悩むレースでもあった。

 

単勝・複勝に推奨したアルビアーノは5着、3歳、牝馬では健闘したと思う。
ゴール前では一度トップにたち期待したが、結局差されての5着だった。

 

穴に推奨した2頭レッツゴードンキとトーセンスターダムは6着、7着

結局 5着、6着、7着が推奨した馬たち。

 

レースは人気サイドと思っていたが、馬連は1780円
馬単3400円、3連単は12000円と考えていたより高配当。

 

単複以外を狙いたい気になるが、自分のセオリーは崩さない。

それにしてもモーリスは強い。

 

直行でこれだけのレースをするならマイルは負けないような気もする。

常に人気になるだろう。

 

きっと私はこの馬の単勝は買うことがないと思う。
1番人気が見え見えの馬は買わない。

 

 

ディープインパクトは誰もが知る強い馬だったが、国内レース弥生賞から

最後の有馬記念まで一度も単勝馬券を買ったことがなかった。

2005年の有馬記念。ディープは1.3倍の単勝オッズ。
私はハーツクライの単勝を3000円だけ買った。

 

唯一、国内でディープが負けたレースの単勝を私はとった。

ハーツクライの単勝は17.1倍という4番人気でこの単勝オッズだった。

 

その年ディープが出走したレース5レースはすべて単勝を外していたが、
年末最後のレース有馬記念も半分諦めながらハーツクライを買った。

 

2年間でディープが参戦した11戦中単勝は一度しか的中していない。

それでも33000円使って51000円 トータルではプラスになっている。

これを機会に私は1番人気の単勝は買わなくなった。

 

どんな強い馬でも負けることがある。

 

ましてやディープインパクトクラスの馬がそうそう出るわけでもない。
特に連勝している馬は疑ってかからなければいけない。

 

今日のマイルチャンピョンシップ外したが、次のモーリスのレースが
楽しみだ。

 

きっと1番人気になるだろう。

その時こそが違う馬が狙い時だと思う。

 

さて明日は2歳戦

馬券は買わないが、蛯名騎乗レインボーラインが人気がなくて狙いかも知れない。

自分が馬券を買わない時は大胆に予想するが、あまり的中率はよくない。

 

それよりも来週のジャパンカップに照準を合わそう。

 

 

最後に単勝を狙うときは5倍くらいの単勝オッズが狙いとしてはいい。

賭けるお金の5倍も戻れば十分なのだ。

 

私の7倍以上の単勝オッズ狙いは効率がいいと考えてのこと。

的中と回収率を求めるなら5倍台でも十分だと思っている。


11月回収率中間集計

11月の収支の中間集計です。
1日の東京12Rは天皇賞の単勝が外れて熱くなったため買っては

行けない平場の最終レースに手を出してしまったもの

 

複勝をかすったため命拾いしたが熱くなっては行けない。

と自分に言い聞かす。

15日まで重賞6レース、平場1Rの計7レースで単勝は一度しか的中

していないが、複勝はすべて的中しているため一度の的中でも

回収率は200%を超している。

 

上々のできだと思う。メールやブログの前日予想と違う時があるかも知

れないが、当日のレース直前に変更する事もあり得るということをご理

解していただきたい。

 

もっとも、メール配信もブログも自分が買った馬券をレース後にお知らせ

するだけでレース前には予想を公開することは殆どないが、メール読者が

増えれば、予想配信もしていこうと思う。

 

[ 2015年11月 ]

日付 場所 R 購入金額計 払い戻し計 回収率 損益 損益累計 点数
1日 東京9 11R 6000円 12000円 200.0% 6000円 6000円 2
1日 東京9 12R 12000円 15200円 126.7% 3200円 9200円 2
7日 東京1 11R 6000円 12800円 213.3% 6800円 16000円
7日 京都1 11R 6000円 37000円 616.7% 31000円 47000円 2
8日 東京2 11R 9000円 15600円 173.3% 6600円 53600円 2
8日 京都2 11R 6400円 8400円 140.0% 2400円 56000円 2
15日 京都4 11R 6000円 8400円 140.0% 2400円 58400円 2
購入累計 7R 51000円 109400円 214.5% 58400円 14

 

今月11月からは基本に忠実に馬券を買っているため今のところは回収率は目標を上回っている。

万馬券などの派手さはまるでないが、堅実さはこの表で解っていただけると思う。

 

100万円で1億5000万勝ったという馬券裁判という本を読んでいる。

比較にもならないが、一日に数千万円分馬券を買い、失うこともあり

儲けることもあり。

 

次元の違う世界での話ということで片付けたい。

ただ予想の方法については非常に為になることがあった。

興味のある方は一度読んでみることをお勧めします。

 

 

 


エリザベス女王杯の単勝馬券の反省

エリザベス女王杯が終わった。

推奨した8番タッチングスピーチは締め切り直前で6倍台に上がり私の単勝購入条件から外れた。

 

前日予想から締め切りまでの間に単勝オッズが変動するのは当然だが

オッズもファクターに取り入れている私にとってはこの変動が煩わしい。

 

購入条件から外れても予想をした馬は買わなければならない。

そんな義務感めいたものがあり、そのまま購入した。

 

結果はタッチングスピーチは3着複勝210円だけが的中。

3レース続けて単勝は的中を逃しているが、複勝で元は取れている。

 

昨日の予想やメールマガジンではタッチングスピーチとマリアライトを

挙げたが騎手の好き嫌いで外国人騎手にした。

 

タッチングスピーチの欠点は追い込み馬ということ。

後ろから競馬をする馬はなるべくなら買わない方がいいと思っている。

特に馬場が重い時は強くても届かないことが多い。

 

エリザベス女王杯を勝ったマリアライトは中団から3コーナーでは3,4

コーナーでは6番手付近にいた馬。最低でも3コーナーでは10番手以内に

いる馬の単勝を狙うのが単勝馬券のセオリーだ。

 

昨日のレースでは2着〜5着までが後方に位置していた馬。

上がり勝負のようなレースなったが、やや重や重馬場で成績のいいマリアライトが

勝った。

 

良馬場なら結果も変わったと思うが、どちらにしても後ろからの馬が狙わない方が

無難だ

 

下の表はエリザベス女王杯の過去10年の3コーナーの位置取りを示した表です。

10番手以下が単勝馬券を狙えない理由がお解りいただけると思います。

これを知りながらタッチングスピーチの単勝を買ったのは的外れだったと反省

しています。

 

★3角位置別集計

3角位置 1着 2着 3着 総数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平距離
3角1番手 2 1 0 10 20.0% 30.0% 30.0% 790 190 277.0 2200.0
2番手以内 2 2 0 20 10.0% 20.0% 20.0% 395 202 182.5 2200.0
3番手以内 2 4 1 38 5.3% 15.8% 18.4% 207 133 91.1 2200.0
4番手以内 2 6 1 47 4.3% 17.0% 19.1% 168 113 63.0 2200.0
5番手以内 3 7 1 55 5.5% 18.2% 20.0% 167 104 82.9 2200.0
7番手以内 6 8 3 72 8.3% 19.4% 23.6% 185 98 113.2 2200.0
10番手以内 8 9 7 106 7.5% 16.0% 22.6% 132 79 87.8 2200.0
10番手以下 3 1 3 74 4.1% 5.4% 9.5% 38 26 74.3 2200.0
13番手以下 0 0 1 38 0.0% 0.0% 2.6% 0 9 0.0 2200.0
16番手以下 0 0 1 15 0.0% 0.0% 6.7% 0 24 0.0 2200.0

集計期間:2005.11.13 ~ 2014.11.16