「 馬券生活記 」一覧

菊花賞1番人気で万事休す

菊花賞が終わりました。サトノダイアモンドが勝ち1番人気2.3倍の単勝オッズで私が狙ったウムブルフは4コーナー過ぎてからテレビ中継から消えてしまいました。

G1で10番人気を狙うのは狂気の沙汰か?と思っていましたが、なんと井崎さんがテレビ中継で推奨していた馬はウムブルフでした。

井崎さんが推奨しているということは私の予想は全くの的外れということでもなかったのですね。(自分で慰めています。)

JRAn対戦型マイニングデータでは

サトノダイヤモンド
ディーマジェスティ
ウムブルフ
レインボーライン

が1位から4位でした。サトノダイアモンドとディーマジェスティーは別としてウムブルフ、レインボーラインは3位、4位でした2着になったレインボーラインの複勝は500円もつきました。1点勝負なのでレインボーラインの単・複は買えなかったですが、人気と対戦型マイニングの乖離からこの馬の複勝は狙いだったかも知れませんが後の祭りです。

さて外れたレースには反省はしますが、悔いは残しません。次は天皇賞。検討に入ります。

 

 


単勝・複勝は儲けがあるのか?

単勝馬券を買う人、馬連などの2連や3連で馬券を買う人。競馬をする人たちは自分の好きな馬券を買えばいい。
ただし、馬券生活を実現したいと思う人、すでに馬券生活をしている人はこの馬券種選びが重要な選択になる。

単勝や複勝で勝負をする人は掛け金が多くなる。3連単のような爆発力がないからだ。
単勝2.0倍の馬に勝負をして儲けようとすると目標額にもよるが、10万かけて20万儲けは10万円

的中すればいいが2.0倍の馬が必ず1着になるわけではない。損失は大きい。
もっとも資金が数百万もあれば余裕だろうが、現実の馬券生活ではそれほど資金があるとは思えない。

横道にそれるが、馬券裁判で有名になった人もいるが、彼は馬券生活者ではなかった。
一日に数千万も馬券を買える人はいない。
「狂気の沙汰」と考えるのが普通ではあるが、自分の予想に十分な実績があり、儲かっていたからだろう。
彼が使っていたソフトが人気になっているそうだが、ほかの人が使っても同じ成績を出せるかは疑問だ。

馬券裁判にならないまでも、馬券を買うときに一番先に考えなければならないのは手持ち資金だ。
十分な資金があるときは単勝・複勝で儲けが出るだろう。
当たる確率は高いのだから。

だが、今の馬券の売れ行きは馬連から3連単が主流だ。
単勝や複勝など万単位じゃなく手を広げた馬券を低い掛け金で買う。的中した時の儲けは多い。
しかし、3連単などは当たりにくいという特性もある。

一日に何レース買うか?
ここも大事なポイントになるだろう。

単勝・複勝を買う私は重賞レースしか買わない。
十分だとは言えない資金を一日12レース単勝で勝負するわけにはいかない。

一般の競馬ファンは1レースから12レースまで馬券を買う人が多いだろう
3連単を100円単位で数十点というのが普通だろ思う。

私も馬券生活をする前はそんな買い方をしていた。
しかし、勝てない。獲れないが続いた。
下手だと言われればそれまでだが、あまりに当たらなくて競馬が楽しくなくなった時期もあった。

それがある本をきっかけに単勝・複勝を基本に買っていると負けが少なくなった。
それどころか年間収支がプラスに代わっていった。

資金が豊富にあったわけではないが、それでも小旅行に行くくらいの資金はできた。

それからの私は馬券の買い方が変わった。
購入レースを減らすこと。
減らしたレースの資金を集中すること
ダートは買わないこと
1番人気は買わないこと

これを徹底してやってきた。
現在購入レースは重賞のみ。
資金は1レース1万以上

これが今の馬券購入状況だ。


予想通りの札幌記念

札幌記念の競馬場は入場者数約43000人だったらしい。
G2でそれも夏競馬の札幌で・・・・

2年前の2014年ハープスターとゴールドシップが出走した札幌記念。競馬場正門にはなんと金曜日から場所取りをする人もいたらしい。入場数は4万6097人今年よりも多かった。

スーパーG2と呼ぶ人もいるが、まさにその通りだ。

今年は台風の影響で雨も降り、客足は遠のくと思われたがこの入場者数は異常だ。

札幌記念のレースはテレビで観戦。G1馬、モーリスは2着。函館記念で推奨したネオリアリズムが期待に応えてくれた。

発走して逃げに入ったとたんに期待で胸が膨らんだ。単勝17.2倍 複勝3.2倍久々においしい馬券にありついた。

札幌記念はG1馬は懸命には走らない。そう思っている。連対は確保するものの勝つまでは走らないのだ。

かつてヘヴンリーロマンスという牝馬が札幌記念を勝ったことがある。2着にはこれも人気臼の馬が入って高配当。

話はここで終わらない。なんとこのヘヴンリーロマンスは秋の天皇賞を勝ったのだ。

札幌競馬場のクイーンSでこの馬を買い2着、このまま秋の天皇賞まで単勝・複勝を買い続けた。

おそらく競馬人生で一番プラス回収できた年でもあった。

それからも単勝・複勝を買い続けているがその時の馬券代くらい買ったレースはない。

勝負の時なんてそれほどあるわけではないがそれ以降印象に残る勝ち方がないのもさみしい話なのかもしれない。

 

 

 

 


馬券の買い方

馬券生活をしていたとき、大きな勝負をすると必ずと言っていいほど負ける。

そんなマイナス経験に陥ったことが何度かある。

 

私自身のはなしだが、今年のG1戦線へ突入したとたん成績が落ちる。

そのころを思い出したのがNHKマイルカップだった。

 

土曜日の成績がよくて、有頂天になったためか?

発送直後にもう馬券は負けていた。

 

単勝・複勝を買っていた馬は出遅れるという、あってはならないことが、

いとも簡単に起こってしまう。

 

不運だなんていってられない。

なんともイライラしてフラストレーションが溜まってしまった。

 

マイルで出遅れは致命傷だ。おまけに前にいく有力馬が強烈な時に出遅れとは・・・

発送直後にはもう「だめだ!」ともう負けの思考になってしまった。

 

結果的に単順位表の1位・3位の結末。

2倍台の本命馬が勝つという普通通りの結果。

 

昔から強い馬は好きだが、馬券を買うときは強いと思う馬は買わない。

というより1番人気は単勝馬券にはいらないと思っている。

 

1番人気でもオッズが高いときは別だが、今回のように3倍以下の単勝を

買う気にはなれない。

 

当然、的中率は下がる。

 

馬券生活を目指すなら1番人気を外すようなことはしないほうがいい。

単勝ばかり狙っていてもだめなのである。

 

レースによって買う馬券を選択する方法がいい。

NHKマイルカップのようにメジャーエンブレムに死角がないまたはほかの馬よりは少ない

場合は相手を選び馬単とワイドをリスクヘッジとして買えばいいと思う。

 

要は馬券で負けないこと。決して0では終わらない馬券の買い方が大事。

たとえ2.3倍の単勝オッズでも的中すれば回収率は100を

超えるのだからいいだろう。

 

しかし、2.3倍の馬がいつも勝つとは限らないのも競馬だが・・・

 


ダービー卿チャレンジT、大阪杯結果

当日馬券は大阪杯キタサンブラックの単勝と

ダービー卿チャレンジトロフィーTはマジックタイムの単・複とロゴタイプの単勝1点

 

当たるとわかるが、この馬券の買い方は良くない。勝つ馬が1頭なのに2点の単勝は

ない。

 

資金配分を間違ったレースで的中してもうれしさはあまりない。

 

なお、ダービー卿チャレンジTは当日サトノアラジンからロゴタイプに印を変えた。

サトノアラジンが1番人気になったためだ。

 

後程購入馬券を提示します。

 


土日の馬券の結果

日曜日は弥生賞は推察した通り上位人気できまり複勝だけ買った私は外れてしまった。

上位3頭はずば抜けて強い。

 

その上位3頭の中でも格付けが決まったような気がする。

 

土日の馬券の成績はプラス。

オーシャンSの馬券が下

 

オーシャン単オーシャン複

単勝1100円 複勝320円

 

チューリップ賞も同じ額を買っていたが、かすりもせず負け。

土曜日は22800円のプラス。

 

土日の収支は以下の通り

 

結果集計・収支一覧(2016年 3月 5日)
——————————————————————————————–
場所 R レース名 件数 購入計 払戻計 収 支 回収率 最高配当 的 中
——————————————————————————————–
中山11R オーシャG3  2 6000円 34800円 28800円 580.0% 1100円 [単][複]
——————————————————————————————–
阪神11R チューリG3  2 6000円 0円 -6000円 0.0%
——————————————————————————————–
——————————————————————————————–
確定計   4 12000円 34800円 22800円 290.0%
収支計   4 12000円 34800円 22800円 290.0%
——————————————————————————————–

 

結果集計・収支一覧(2016年 3月 6日)
——————————————————————————————–
場所 R レース名 件数 購入計 払戻計 収 支 回収率 最高配当 的 中
——————————————————————————————–
中山10R 上総SH1600  2 3000円 6600円 3600円 220.0% 330円 [複]
中山11R 弥生賞G2   6 10000円 0円 -10000円 0.0%
——————————————————————————————–
——————————————————————————————–
小倉11R 太宰府特1000  2 1800円 2600円 800円 144.4% 260円 [複]
——————————————————————————————–
確定計   10 14800円 9200円 -5600円 62.2%
収支計   10 14800円 9200円 -5600円 62.2%
——————————————————————————————–

土日の二日で19000円のプラス。

 

上記のように普段買わないレースにまで手を出したのが反省点

複勝だけは的中している。


アーリントンカップ結果

アーリントンカップの推奨馬は9番レオナルドでしたが、4着という悔しい結果でした。

メールで書いた通り前々で競馬をすれば勝ち目ありと読んでいました。

 

その通りに直線では先頭に抜け出すもゴール寸前で差されてしまいました。

1着から5着まで1分34秒1と同時計の接戦に敗れました。

下の予想表はエクセルで計算した結果を掲載しています。

 

単の項目1位から頭数分順位がついています。

消の項目は上位4頭以外についてます。

今日のレースでは

単1位は10番アーバンキッド(5着)1番人気

単2位は12番ダンツプリウス(2着)9番

単3位5番レインボーライン(1着)

単4位9番レオナルド(4着)

人気と単順位の乖離を狙うなら2着の12番ダンツプリウスでしたが、

騎手の巧拙を考えて川田騎乗9番レオナルド(4着)にしました。

 

このレースは前に書いたように1着から5着まで同タイムの

接戦でした。

運が悪いのではなく、少なくても2着のダンツプリウスの

複勝をとれないのは私の予想の下手さです。

 

2016年 2月27日(土) 1回阪神1日目 15頭 [15:35発走]
【11R】  第25回アーリントンカップ
3歳・オープン・G3(別定)(国際)(特指) 芝1600m・外 (A)

馬名 性齢 替 騎手 斤量
1 1 7 $マディディ 牡3 *フォーリ 56
2 2 14 パールフューチャー 牡3 *ルメール 56
2 3 15 ウェーブヒーロー 牡3 *和田竜二 56
3 4 13 メイショウカネサダ 牡3 酒井学 56
3 5 6 ボールライトニング 牡3 *福永祐一 57
4 6   3 レインボーライン 牡3 *M.デム 56
4 7 9 シゲルノコギリザメ 牡3 *太宰啓介 56
5 8 12 ロードブレイド 牡3 *池添謙一 56
5 9 4 レオナルド 牡3 川田将雅 56
6 10   1 アーバンキッド 牡3 ベリー 56
6 11 5 ヒルノマゼラン 牡3 古川吉洋 56
7 12   2 ダンツプリウス 牡3 丸山元気 56
7 13 11 ビップライブリー 牡3 小牧太 56
8 14 7 オデュッセウス 牡3 *武豊 56
8 15 10 ロワアブソリュー 牡3 *ヴェロン 56

馬券生活をするためには死ねない。

午前中札幌は雨が降っていた。
町中では雪がとけ、歩道を歩く人に水をかけないかと
注意しながら車を運転していた。

 

降る雨の強さはさほどでもないが、その中を競馬新聞を
広げながら歩く親父さんが数名いた。

それほど重要なレースがあったのか?
格好の良いものではない。

 

札幌競馬場は新しくなり若い人も増え、デートスポットに
もなっているようだが、反面ウィンズには指定席以外では
本当に「薄汚い」と感じる空間になってしまった。

 

喫煙コーナーもでき煙草の煙は少なくなったが、はずれ馬券や
読み散らかした新聞などがレースの終了後にはひどいことになっている。

 

決して私は潔癖症でもなく、片付け上手でもないがその「状況」
には辟易するのだ。

 

 

だからウィンズへは行かなくなった。
行っても指定席を買っている。

 

競馬場やウィンズへ行かない理由はほかにもある。

 

お金を使いすぎること。
手を出してはいけないレースまで手を出す。
集中力がそがれる。

これが主な理由。

 

レースごとに沸き起こる「イケイケコール」、「獲った獲ったアピール」
気持ちはわかるがそれほど熱くなっていいものか?

 

おまけに馬の名前もわからずに馬番を叫ぶ人
騎手の名前を「ノリー」だとか「豊かー」最近では「川田ー」
など叫ぶ人もいたなー

こなけりゃ罵声を浴びせる。ウィンズのモニターにだ

 

 

私はよく負けるが、決して騎手や馬に罵声を浴びせたりしないし、
ましてやウィンズのモニターに罵声を浴びせても他の人の
ヒンシュクをかうだけだと思っている。

 

 

元々が人混みが嫌いだから競馬場もウィンズもあまり行かなくなったが、
その昔は毎週土日は第1レースから最終レースまで買い続けたものだ。

 

帰りの地下鉄代まで使い果たし、ぼやきながら歩いたことも数え切れないほどある。

また100万円以上稼いだ時は友人6人ですすきのに飲みとソープランドツアー
を急に企画し、すべて使い果たしたことも2回ほどある。

 

こういう馬鹿な事をしていてはツキにも見捨てられるものだ。

負けすぎて数年たったころに思った。(遅いか?)

 

「そうだ!競馬はもう少し紳士的で、知的なゲームではなかったか?」

 

それからは

競馬場での友達からは疎遠になったが、朝から馬券を買うこともなく
重賞競走だけに検討の時間を割いている。

 

検討の時間が多いからいいということではないがいらない馬券を買わなくてすむ
その利点は大きい。

 

私は現在の仕事をやめ還暦になったら馬券生活をする予定だった。

延びてしまった。

 

会社の役員は定年は65歳だそうな???

あと5年それまでは死ねない。

夢の馬券生活を果たすために

 

 


共同通信杯を終わって

まず京都記念は最後まで悩んだ3頭のうち人気の馬ヤマカツエースの単複を買った

私としてはこちらの方が勝負レースだった。

tanBfukuB

 

最後の直線では頑張ってはいたが、重馬場にもがいていたような気がする。

勝ったサトノクラウンはやはりデムーロ騎手の乗り方が上手かった。

 

4~6番人気以下の外国人騎手は狙い目(単勝オッズによる)

 

これもセオリーの一つだが、買えなかった。なんせヤマカツエースが4倍台のオッズ

が気になりこの馬以外はほとんど考えていなかった。

 

サトノクラウンの前走17着から考えると買えなかった。

しかし、デムーロ騎手の乗り替わりでまるで違うレースをされた。

 

考えてみれば17着に負けた天皇賞では先行して負けたものだったが、元々は

先行馬なのだ。さつき賞やダービーが追い込みだったが、成績はダービー3着が

最高。

弥生賞では先行して勝っていることを忘れていた。

 

 

一方の共同通信杯

少頭数で荒れないレースと見て勝負を避けたが、

 

こちらの方が荒れてしまった。私の推奨馬を9番イモータル

 

tanAfukuA

 

買った理由は4~6番人気以内、外国人騎手だがルメール騎手は3番人気のため

4~6番人気以内、重賞常連騎手にシフトした。

 

勝った蛯名騎手も重賞は強いが戸崎騎手と比較では戸崎騎手が上。

もう一つの理由は

リスペクトアース  大野拓弥 単勝 9.9倍 4人気
イモータル       戸崎圭太   単勝14.0 倍 5人気

ディーマジェスティ   蛯名正義   単勝22.6倍  6人気

4番人気と5番人気の間には3倍以上の差があり、5番人気と6番人気

の差は8以上もある。

これはオッズの断層と言われるものでイモータルは断層と断層の間にいる。

これは経験で判断しているが、断層の付近の馬は来る確率が高い。

 

ディーマジェスティ6番人気と次の馬の間は大きな断層ができている。

この馬が一番の狙い目なのだが、騎手の比較でイモータルをとった。

 

一瞬勝ったと「ぬか喜び」したが、ディーマジェスティに差されての2着

残念だったが、この馬が来たおかげでイモータルの複勝が450円もついた。

 

2レースで15000円使い単勝は両方外したにも関わらず18000円の

払い戻し。複勝だけ買っていれば良さそうだが、単勝で儲けることが本分。

 

お金がかえってくるための「リスクヘッジ」というもの

この戻ってきたお金でまた馬券が買える。

 

今日の最後に一つ私のセオリーを書いておこう。

予想時間のないときは最適な馬券購入法です。

 

4~6番人気以内の外国人騎手、外国人騎手がいない時は重賞常連騎手

 

但し外国人騎手がすべて該当しないし、重賞常連騎手でも狙える騎手と狙えない

騎手がいることにご注意。

 

 

 

 

 


馬券の調子落ち

元野球選手清原が覚せい剤所持で逮捕されたというニュースが朝からテレビで流れ続けている。

スパースターの事件だから仕方がないがベッキーの不倫騒動やスマップの解散騒ぎとマスコミ報道がにぎわっている。

 

「人のゴシップは蜜の味」だった?

野球のスパースターでも国民的アイドルグループでも個なんてそれほど強いものではないのだ。

 

清原の場合は心が弱い人間であの風貌はその裏返しなのかもしれない。

 

さて今年に入って単勝の調子が悪い。

2頭選んで一頭に勝負すればほとんどレースには来ない。

決まって5着、6着

 

月単位で考えればこういう時期は必ずあるが、自分の記憶では2月~3月が一番低迷しているのだが、

今年は1月中旬から低迷している。

 

しかし、予想方法は変える気はない。

 

ブログを見ている人やメールマガジンの購読者は離れていくのもこういう時だ。

 

予想には好不調があるのは誰にでもわかることだが、私を参考に馬券を買い外れたひとは

当たりどころのない悔しさに購読解除や、ブログを見るのをやめるのだろう。

 

当然だろう。大枚をはたいて買った馬券が外れるのだから

 

しかし、予想を出す私も後ろめたさを持つということも知って欲しい。

私は予想と同じ馬券を買う。だから悔しさも当然あるのだ。

 

長い付き合いの方はわかっていただけると思う。こんな時期は数回ある。

しかし、年間トータルは必ずプラスする。

 

重賞では勝つ馬は絞れてくるものだ。

どんな騎手とそんな血統が来るのかをある程度理解できていれば予想がしやすい。

 

単勝馬券が当たるまで我慢し、複勝で元返しを常に狙う。

これ以外に勝つ方法が思い浮かばない。

 

3連単が的中した時の爆発力はすごい、それは知っているがなかなか当たるものではない。

反対に人気の馬ばかり買うのも地味すぎて面白くない。

 

馬券はトータルで200%

あればすごいのだ。

 

一時期の回収率に目が点になることなどほとんどないのがギャンブルだと

私はそうわきまえている。

 

勝ちたいが勝てない。

 

甘くはないのだ。

人生も同じだが、いい日がそんなに続くわけがない。

 

波があるのがふつうなのだ。

 

波に乗る日もあれば乗れない日もある。

乗れない日に我慢ができるのか?

それが勝負強さにも関係してくるのだ。

 

馬券が調子が悪いのを自分で慰めて意味不明の文章になってしまった。

 

さて我慢の時期がいつまで続くのか?

 

毎週馬券を買うから調子の悪い時は少なめにしておこうか?

1万円を半額くらいにまでおとしてしばらく様子をみよう