PR

競馬の配当金と税金の話

競馬の配当金には税金がかかるのか?
当然、かかる。とは言っても50万円以上の配当を誰もが受け取っている訳でもなく、調べるにも大変な労力を必要とするだろうからそうそう脱税で告発される訳ではない。

昨年の「競馬の裁判」のような数億が動くのはあまりに目立ち過ぎたのではないか?
競馬にそれだけ投資できる財力はそもそも持ち合わせていないので、「凄い」という短絡的な言葉しか思い浮かばない。

さて、競馬をしている人は、ある一定額以上を儲けた場合は確定申告が義務だ。

競馬の配当金(利益)は一時所得に該当する。50万円以上が課税対象になる。

競馬裁判で驚いたが、大阪高裁は外れ馬券の購入に使ったお金についても必要経費になると認めた。

常識では税金の対象になるのは的中馬券の払戻金なのに・・・

私の中の常識では、年間トータルでマイナスになっても払い戻しを受けたお金から馬券購入した金額を差し引いて50万以上になっている場合は税金がかかる。

例えば、年の初めの金杯で60万プラス。だがその年の有馬記念まで一度も的中せず、100万マイナス。
そんな場合でも60万分は課税されるのだ。

ここでの焦点は当たり馬券の購入費のみ経費と認められるという点。

一点買いなどほとんどの人はしないから競馬で的中させるためには何通りも馬券を買う。

大阪高裁は外れ馬券の購入費をも経費としてとして認めたので、画期的?な判決だった。

「営利目的性および継続性が認められれば、一時所得にはならず、被告人以外の場合でも同様に雑所得とすべきである」

営利目的とか継続性と言われれば、ほとんどの競馬愛好家(馬券を買う人)に当てはまるのでは・・・

それも一時所得ではなく、雑所得とは・・・

大きく話はそれたが、高額の配当金をもらえば税金がかかる。

が実際に確定申告をしている人はほとんどいないのが実情ではないだろうか。

前に書いたが課税対象になっても税務署が的中者を割り出すのは困難、おそらくだが調べてもいないのではないか。

だが、昨年裁判になったように、見つからないというわけでもない。
大金を手にしたら、申告した方がいいと思う。

国民の義務でもある。高額の配当金を申告して税金を払う。

馬券買いの夢・・・ではないか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする