スポンサードリンク




皐月賞的中 トンネルを抜けたか?

不調だった単勝。皐月賞で長いトンネルを抜け出したようです。
父のオルフェーブルはこの皐月賞で10倍台のオッズ。その前にシンザン記念でも10倍台でしたが、単勝オッズが10倍を超えたのはこの2回だけです。

2018年の出馬表を見ていて父オルフェーブルが出走した2011年の皐月賞の印を見ました。
◎がペルシャザール3番人気、〇がオルフェーブル4番人気。

◎が11着、〇が1着。オルフェーブルの馬体重が440だったこともあり、馬体重の多いペルシャザールを選びました。

切ったオルフェーブルが来たG1だからよく覚えています。オルフェーブルはこの後すべて人気になり10倍台のオッズになったことがありません。

買うのはこの時しかなかったのです。

馬体重が440そこそこでG1を勝てる馬はそうそういません。
今年の皐月賞過去10年ではオルフェーブルとキャプテントゥーレの2頭しかいない。
やはり馬体重が多いほうが有利だとおもいます。

さて馬券が的中したのは私の記憶の産物ではありません。
私の作成した予想シートでは前日も順位1位でした。

そして当日予想シートでも1位迷いなくこの馬の単勝を買いました。

ただそれだけです。

一方、アンタレスステークスは1位はグレイトパールでしたが1番人気で2.6倍。
そのため2番のコスモカナディアンになりましたが、30倍のオッズではほとんど可能性はなく、3位の馬の方を選ぶべきでした。

どちらにしても順位が1位ですから人気であろうとなかろうと1位を買い続けるべきですね。

次週からは京都と阪神に代わります。また予想も少し変化するかもしれません。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。