スポンサードリンク




単複の買い方としてどうなの?

桜花賞のようなグレードの高いレースではどんな強い馬でも騎手次第で勝てません。
3番人気までの馬で勝てるのはルメール、6番人気まで探してもデムーロ・川田の3人。

最強と言われる馬でもG1の常連騎手じゃないとなかなか勝てないもの。
今年の桜花賞はそれを教えてくれました。
決して石橋騎手が悪いとは思っていません。2着に持ってきたのですからね・・・

武騎手も常連騎手ですが馬には今年は恵まれていません。
キタサンブラックが去った今、次はどの馬で活躍できるかが問題です。

3.9倍の単勝を買うか?買わないか?非常に悩んだのが正直なところですが、やはり穴狙いに走ってしまいました。

それもヘンテコな馬券の買い方。これじゃ的中はない。
ですね。

単勝2点、複勝2点 今年の桜花賞は変な馬券の買い方をしたと思います。
単複の1点勝負が自分の哲学のようなものだったはずだったのですが・・・

3月は負け分を大分取り戻しました。
でも、複勝ばかりが的中して単勝は相変わらずの不発続きです。
単勝馬券人だったはずが、複勝馬券人になっております。

「4月のG1シリーズから単勝1点で抑えの複勝をやめよう」
考えていたはずが下のような馬券構成になってしまいました。
「意志が弱い」のです。

これも単勝が的中しないのが原因。
人気馬も買い目に入れて的中率をあげていきますか?

下のような買い方はどうなのでしょう?
何度もこういう場面を経験していますが同じ買い方をしてしまいます。

そういえば、以前「1点勝負じゃないんですね」とか「1点にして欲しい」などとメールをもらったことがありました。

その時も不調の時だったことを思い出しました。

薬はやはり単勝的中ですね。外れ続けても1点で勝負する。
これが単勝馬券人の在り方かもしれません。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。