2017年馬券の反省

今日はメールで配信した予想はことごとく外れた。今日は掛け金も75000円使ってしまい回収はできたが阪神の12Rが外れていたら年越しは暗いものになっていたかも知れない。

中山11,12R、阪神11、12Rの計4レースの馬券を買ったがこのレースの前に2000円分馬券を買ったがハズレ阪神12Rで追い込み勝負をしてたまたま勝ったがこういうことは1年の終わりにしかできない馬券の買い方だ。

75000円使ったのはたまたま地方競馬の3連単で100円が10万を超えたものでそれを使っただけでいつもこんなにお金を使っているわけではない。

以下が阪神12R

配当は175800円だが、このレースの前までに5万円使っている。戻りが一度もないのでここから75000円引いて100,800円のプラス回収だ。

さてここから本題。

今日の阪神の12Rは朝いちのオッズから抽出したものなぜ11番が本命か?11番の単複差5、連複差5ということは11番は複勝のランクは1位だということ。3着はほぼ間違いなし、これがレースに近づくにつれ段々と複勝オッズは下がってくればなおさら間違いなし。

どれだけこの差があればいいのかはここでは書かないが、この型にはまれば勝負する。
11番は分かりやすいがこの次の候補は右側の表、黄色のマーカーの2,8,3,10がワイド候補になるが、馬券は買っていない。結果は8番が3着、8-11のワイドは2090円だからワイドにしては高配当ではないだろうか?

この黄色のマーカーの抽出方法もあるが、ここでも触れない。表をみればわかる人もいるでしょう。

オッズで予想をしてから大外れが少なくなった。パターンを絞れば3着以内に入る馬に印がついている。このレースの1番人気5番は単勝オッズ2.7倍で連軸には持ってこいの馬だが、単勝を買っている私にとっては最初から外している。頭でくるとは限らないのが現実だ。

またこのようなパターンはあることにはあるが多くはない。もしこのレースの11番が5以上なかったら8番を頭にしただろう。8番は結果的に単勝はハズレ複勝が260円しかなかった。

阪神の12Rファイナルステークスは今年最後のレース。今年最後で勝負をしたが、良い結果が出て胸をなでおろしている。

メールマガジンの読者には謝罪をしておきます。
今年もお世話になりました。

来る年からはもう少し精度をあげた予想をお送りいたします。
今週中には今年の馬券結果を集計してオッズの研究に時間を費やする所存です。

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする