PR

オッズ予想は時間短縮になる。

先週のエリザベス女王杯でデムーロ騎手で的中したため今週は違う騎手ということが頭のどこかにあったのか?
前日予想では18番ペルシアンナイトの単勝・複勝を買うつもりだった。

当日オッズと傾向などを見ていたら18番枠は過去に来たためしがなく、3歳馬は最近では3着が最高
そんなことを考えていた。

また、先週勝ったモズカッチャン(エリザベス女王杯)はハービンジャー産駒、ニアーティック系が2週連続はない。
同じ騎手が連続でG1を勝てるとも思われない。

そんなこんなで結局クーリンガーという馬の単勝を買ってしまった。
この馬も急に思いついたものでなんの確証もなかった。

メールでは4番のサングレーザーも推奨していたが、こちらも3歳馬
複勝が400円以上ついていた。

以下は土曜日の京都11RアンドロメダSの買い目と的中結果

単勝・複勝 馬連、ワイド すべて1点買い。4900円という半端の理由は買い間違い

ワイドは1500円と入力したつもりだが・・・

今日のマイルチャンピョンシップは11000円位使い残高は7000円

昨日の勝ち分で勝負したが、負けた。

負けた腹いせに京都の最終レースを単勝3000円買い、
複勝は買わず単勝1点勝負

これが運よく的中し土日はプラス回収になった。

マイルチャンピョンシップのオッズ表は公開をやめます。

負けたレースの表を公開しても仕方がない。

中央競馬は明日からはまた地方競馬に戻る。

仕事を持っているため、レース観戦や傾向を調べたりする時間は少ないためオッズ予想に切り替えた。

そのオッズだけの予想でも回収率はプラスで継続している。

前の日から新聞やパソコンで研究してもある時刻のオッズみるだけで複勝圏内にくる馬は絞れる。もちろん、すべてのレースが絞れるわけではないが、予想時間は30分以内に短縮できている。

そして中央だけではなく、地方競馬でも使える。少し方法は異なるが、それでも20分~30分の間に馬券購入できる。

なぜもっと早く気付かなかったのか?
知ってはいても指数や傾向の方が競馬をやっている気になっていたのだと思う。

オッズ予想に切り替えて、予想時間が短くなったことで競馬と全く関係ない本を読む時間や投資の時間もできた。株式ではなく投信信託だが、これも月1回口座から引き落としになるだけだ。あらかじめ決めた信託を決めるだけだから楽だ。

ただし、株式も上げ止まり感があってなかなか増えないかもしれないが・・・

私は現在会社の中にいる。会社だから有給もあるのだが、私のポジションは休みがない。
人が足りない。だから土日はもちろん平日だって休みをとったことがない。
平成26年の6月から平成29年11月19日まで、一日休んだ記憶がない。

金は残らないが有給だけが残る。

そんな状態で現在メルマガやブログを更新している。
今更新している時間も私は夜勤についている。夜勤の時間帯にこれをかいているのだ。

夜勤明けで休みといいたいが、明日もそのまま会社に残り、仕事をしなければならない。

愚痴を書いたら切りがないのでやめるが、時間がない中での競馬はやはりオッズ分析が一番

パソコンに張り付く必要もない方法をとっている。
とは言ってもソフトは使っているが張り付く必要がない。

人に教えたいという気もどこかにあるが、面倒なのでこのまましばらく続けようと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする