PR

函館記念単勝予想とお詫び

2週連続で予想を休んでしまい申し分けありません。

予想はしていたのですが、ブログ、メルマガを更新することができませんでした。

宝塚記念が終わり、夏競馬に移行すると競馬(馬券)に対して少々興味が薄れてしまうのは私だけでしょうか?

今週末は函館記念がありますね。

函館記念は1番人気が勝てないとうのが定説になっていますが、かと言って人気薄が勝つレースでもありません。

以下の表から2番~4番人気の勝ち馬が多いことが分かります。

単勝を狙うには基本的に2~4番人気の馬を狙うのがセオリーだと考えます。

また前着(前走着順)をみても勝ち馬はの9頭は6着以内ということもわかります。

函館記念の傾向としては上の2点の他、巴賞組やG1出走馬が分が悪いということもJRAの今週の注目レースで解説されています。

今年の登録馬で傾向的にみると3頭しか該当馬がいません。

ルミナスウォリアー、ステイインシアトル、ジョルジュサンク
この3頭です。

この3頭のうち、函館で勝ち鞍があるのはジョルジュサンクだけです。
後は出馬表が確定するまでしばらく待ちましょう。

枠なども考慮にいれるとさらに精度が上がると思います。


函館記念 勝ち馬一覧

日付 馬名 性齢 騎手 斤量 頭数 人気 前着
160717 マイネルミラノ 牡6 丹内祐次 56 16 3
150719 ダービーフィズ 牡5 岩田康誠 54 16 3
140720 ラブイズブーシェ 牡5 古川吉洋 56 16 2
130714 トウケイヘイロー 牡4 武豊 57.5 16 3
120715 トランスワープ セ7 大野拓弥 54 16 4
110724 キングトップガン 牡8 横山典弘 54 16 4
100725 マイネルスターリー 牡5 ホワイト 56 16 2
090726 サクラオリオン 牡7 秋山真一 56 16 4
080727 トーセンキャプテン 牡4 藤岡佑介 56 14 4
070722 エリモハリアー セ7 武幸四郎 57 11 7 11

集計期間:2007. 7.22 ~ 2016. 7.17

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする