PR

菊花賞1番人気で万事休す

菊花賞が終わりました。サトノダイアモンドが勝ち1番人気2.3倍の単勝オッズで私が狙ったウムブルフは4コーナー過ぎてからテレビ中継から消えてしまいました。

G1で10番人気を狙うのは狂気の沙汰か?と思っていましたが、なんと井崎さんがテレビ中継で推奨していた馬はウムブルフでした。

井崎さんが推奨しているということは私の予想は全くの的外れということでもなかったのですね。(自分で慰めています。)

JRAn対戦型マイニングデータでは

サトノダイヤモンド
ディーマジェスティ
ウムブルフ
レインボーライン

が1位から4位でした。サトノダイアモンドとディーマジェスティーは別としてウムブルフ、レインボーラインは3位、4位でした2着になったレインボーラインの複勝は500円もつきました。1点勝負なのでレインボーラインの単・複は買えなかったですが、人気と対戦型マイニングの乖離からこの馬の複勝は狙いだったかも知れませんが後の祭りです。

さて外れたレースには反省はしますが、悔いは残しません。次は天皇賞。検討に入ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする