PR

調教について

競馬予想に調教というファクターをあなたはどの程度取り入れているだろう?
私は基本的には殆どとりいれていない。

調教を実際に見る場面もなく、長く競馬を予想しているが調教がいいからと

馬券を買ったことは一度もない。

調教師はたくさんいるが、G1を勝った馬の調教師をその時に知るだけでどんな

調教方法をとっているかなど勉強したこともない。

重賞競走、特にクラスが上になるに従い、出走する馬なら勝つための調教をして

くるだろうとあまり、深く考えないようにしている。

それよりも当日の気配や馬体重の増減の方が重要だと私は思っている。

どれだけ順調にレースに臨めるのかが重要なのだ。

追切の評価など競馬新聞やスポーツ新聞紙上にのるが、私が見るのは調教評価が悪

い馬だけである。

専門家が良くないというのだから良くないのだ。

それは単勝・複勝しか買わない私には最初から数頭は切りの対象馬になる。

専門家が調教を見て評価しているのだから信憑性があると思う。

反対に調教の評価がいい馬は殆ど人気になるものだ。

馬券の購入時に迷いの対象になる場合がある。

だから調教評価のいい馬はあまり見ない。

なんだか支離滅裂だが、馬券の決定には私の一定のルールがあるのだ。

そのルールの中には調教は検討材料には入っていないということである。

どんな予想法を持っていてもいいのだが、自分で決めたルールはキッチリと守っていくのが

馬券力向上につながるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする