PR

共同通信杯を終わって

まず京都記念は最後まで悩んだ3頭のうち人気の馬ヤマカツエースの単複を買った

私としてはこちらの方が勝負レースだった。

tanBfukuB

最後の直線では頑張ってはいたが、重馬場にもがいていたような気がする。

勝ったサトノクラウンはやはりデムーロ騎手の乗り方が上手かった。

4~6番人気以下の外国人騎手は狙い目(単勝オッズによる)

これもセオリーの一つだが、買えなかった。なんせヤマカツエースが4倍台のオッズ

が気になりこの馬以外はほとんど考えていなかった。

サトノクラウンの前走17着から考えると買えなかった。

しかし、デムーロ騎手の乗り替わりでまるで違うレースをされた。

考えてみれば17着に負けた天皇賞では先行して負けたものだったが、元々は

先行馬なのだ。さつき賞やダービーが追い込みだったが、成績はダービー3着が

最高。

弥生賞では先行して勝っていることを忘れていた。

一方の共同通信杯

少頭数で荒れないレースと見て勝負を避けたが、

こちらの方が荒れてしまった。私の推奨馬を9番イモータル

tanAfukuA

買った理由は4~6番人気以内、外国人騎手だがルメール騎手は3番人気のため

4~6番人気以内、重賞常連騎手にシフトした。

勝った蛯名騎手も重賞は強いが戸崎騎手と比較では戸崎騎手が上。

もう一つの理由は

リスペクトアース  大野拓弥 単勝 9.9倍 4人気
イモータル       戸崎圭太   単勝14.0 倍 5人気

ディーマジェスティ   蛯名正義   単勝22.6倍  6人気

4番人気と5番人気の間には3倍以上の差があり、5番人気と6番人気

の差は8以上もある。

これはオッズの断層と言われるものでイモータルは断層と断層の間にいる。

これは経験で判断しているが、断層の付近の馬は来る確率が高い。

ディーマジェスティ6番人気と次の馬の間は大きな断層ができている。

この馬が一番の狙い目なのだが、騎手の比較でイモータルをとった。

一瞬勝ったと「ぬか喜び」したが、ディーマジェスティに差されての2着

残念だったが、この馬が来たおかげでイモータルの複勝が450円もついた。

2レースで15000円使い単勝は両方外したにも関わらず18000円の

払い戻し。複勝だけ買っていれば良さそうだが、単勝で儲けることが本分。

お金がかえってくるための「リスクヘッジ」というもの

この戻ってきたお金でまた馬券が買える。

今日の最後に一つ私のセオリーを書いておこう。

予想時間のないときは最適な馬券購入法です。

4~6番人気以内の外国人騎手、外国人騎手がいない時は重賞常連騎手

但し外国人騎手がすべて該当しないし、重賞常連騎手でも狙える騎手と狙えない

騎手がいることにご注意。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする