PR

マイルチャンピョンシップ結果と単勝馬券について

以下はマイルチャンピョンシップ確定後の集計表です。

[ 2015年11月 ]

日付 場所 R 購入金額計 払い戻し計 回収率 損益 損益累計 点数
1日 東京9 11R 6000円 12000円 200.0% 6000円 6000円 2
1日 東京9 12R 12000円 15200円 126.7% 3200円 9200円 2
7日 東京1 11R 6000円 12800円 213.3% 6800円 16000円
7日 京都1 11R 6000円 37000円 616.7% 31000円 47000円 2
8日 東京2 11R 9000円 15600円 173.3% 6600円 53600円 2
8日 京都2 11R 6400円 8400円 140.0% 2400円 56000円 2
15日 京都4 11R 6000円 8400円 140.0% 2400円 58400円 2
22日 京都5 11R 6000円 0円 0% -6000円 52400円 2
購入累計 7R 51000円 109400円 191.9% 52400円 16

マイルチャンピョンシップの結果

予想通りオッズの壁が大きい4番人気以内で決まった。
モーリス
フィエロ
イスラボニータ
サトノアラジン

の順

モーリスは最終的には4番人気、このレースの傾向通りだが、イスラボニータ以外は接近していてどの

馬が4番人気になるか悩むレースでもあった。

単勝・複勝に推奨したアルビアーノは5着、3歳、牝馬では健闘したと思う。
ゴール前では一度トップにたち期待したが、結局差されての5着だった。

穴に推奨した2頭レッツゴードンキとトーセンスターダムは6着、7着

結局 5着、6着、7着が推奨した馬たち。

レースは人気サイドと思っていたが、馬連は1780円
馬単3400円、3連単は12000円と考えていたより高配当。

単複以外を狙いたい気になるが、自分のセオリーは崩さない。

それにしてもモーリスは強い。

直行でこれだけのレースをするならマイルは負けないような気もする。

常に人気になるだろう。

きっと私はこの馬の単勝は買うことがないと思う。
1番人気が見え見えの馬は買わない。

ディープインパクトは誰もが知る強い馬だったが、国内レース弥生賞から

最後の有馬記念まで一度も単勝馬券を買ったことがなかった。

2005年の有馬記念。ディープは1.3倍の単勝オッズ。
私はハーツクライの単勝を3000円だけ買った。

唯一、国内でディープが負けたレースの単勝を私はとった。

ハーツクライの単勝は17.1倍という4番人気でこの単勝オッズだった。

その年ディープが出走したレース5レースはすべて単勝を外していたが、
年末最後のレース有馬記念も半分諦めながらハーツクライを買った。

2年間でディープが参戦した11戦中単勝は一度しか的中していない。

それでも33000円使って51000円 トータルではプラスになっている。

これを機会に私は1番人気の単勝は買わなくなった。

どんな強い馬でも負けることがある。

ましてやディープインパクトクラスの馬がそうそう出るわけでもない。
特に連勝している馬は疑ってかからなければいけない。

今日のマイルチャンピョンシップ外したが、次のモーリスのレースが
楽しみだ。

きっと1番人気になるだろう。

その時こそが違う馬が狙い時だと思う。

さて明日は2歳戦

馬券は買わないが、蛯名騎乗レインボーラインが人気がなくて狙いかも知れない。

自分が馬券を買わない時は大胆に予想するが、あまり的中率はよくない。

それよりも来週のジャパンカップに照準を合わそう。

最後に単勝を狙うときは5倍くらいの単勝オッズが狙いとしてはいい。

賭けるお金の5倍も戻れば十分なのだ。

私の7倍以上の単勝オッズ狙いは効率がいいと考えてのこと。

的中と回収率を求めるなら5倍台でも十分だと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする