PR

競馬の控除率気にならない?

競馬を初めてまもない頃、控除率という言葉はさほど気にならなかった。
しかし、よくよく考えてみると「馬鹿高い」と思うようなってきた。
控除率とは何か

平たく言えば手数料のこと。俗にいうテラ銭と呼ばれるもの。

てら銭とは江戸時代から始まったもので、賭け事をする場所がお寺だったことが多く場所代としてお金をもらっていたのが、始まりだそう。(YHOO知恵袋)

公営ギャンブルでは控除率は25%、その中身はJRAに15%、国に10%というのが控除率を調べるとよく出てくる数字。

100円払って15円がJRA、国に10円 ・・・・

胴元がJRAとしてもそれから吸い上げる国は時代劇で言えば悪徳代官?

馬券種によっても控除率は違う。単勝は20%らしい。

しかし、熱くなって馬券を買っているとそんなことは関係なく、的中した払戻金から差し引かれる訳じゃないので、気にも止めないひとは多い。

実際はオッズ発表の段階で差し引かれているのだ。

だから馬券を購入した時点で差し引かれているということ。買った時からマイナスなのだ。

競馬は儲からないのはこの控除率があるから。

全通り買って的中したとしても控除率がかかっているので、儲かることはないというもの。

数年、実際に競馬生活をしてみたが、生活は成り立たなかった。始めた当初は蔵でも立ちそうな勢いだったが、徐々に持っていた金は目減りしていった。

一年に100万馬券を買ったとして(実際にはそれ以上だった。)25万円が手数料としてとられる。75万で実際は勝負をしているのだ。
高いと思わない?買うだけで25万も減るなんて・・・

おいおい25万なんて今の私の給料にも追いつかないぞ・・・

控除率とはげに恐ろしいものだ。

逆にいうと国にこれだけ収めているのだ。もっと還元があってしかるべきではないか?

まぁ負け犬の遠吠えにしかならないが・・・

なら馬券を買わなきゃいいだろ?そんな声が聞こえてきそうだが・・・・

当然だが、儲からないとわかっていても馬券を買うのが人間。駆け引きの魅力は控除率なんて凌駕してしまう。

だが、頭の隅には置いておいた方がいい。控除率が高いほど手数料は高い。損する可能性も大。

控除率が低いほど手数料が少なく済む。儲ける可能性は大。

だが、競馬の控除率は他のギャンブルと比較高すぎると思う。

競馬は儲からない。と書きすぎたが手数料が高いが競馬の楽しみは儲かることばかりではない。
少ない小遣いをひと月分も一度につぎ込む人はさほどいないのかも知れない。

100円馬券を買って競馬を楽しんでいるうちは控除率など関係ないのだろう。

私のように欲に目がくらみ、勝負と称して大枚をぶち込むようなまねはしない方が無難。

最近は勝負する金もないが・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする