今年の競馬を終えてからの~馬券の懺悔

2019年は昨年に引き続き馬券の年間実績はマイナスになりました。2年連続というのは久々の快挙です。
どのくらい負けたかは以下に画像を貼っておきますので興味のある方はご覧ください。

なお、1月から2月までは購入記録がありませんが馬券は買っています。およそ3万円のマイナスです。
2019年はマイナス36万円負けています。

購入金額 837,500円 払戻額499,530円 トータル337,970
というのが今年の成績です。
万馬券的中回数4回。これはテストで買ってみたのがたまたま的中したもので
馬連と3連単です。ベースは単勝・複勝なのでこの万馬券が的中してもさほど嬉しくもないとうのが本音です。

理由は的中した次週は単複で大幅な赤字になっています。抑制が効かない状態になっているのです。

要するにあぶく銭感覚になり大きくすることばかりを考えて安全策を怠るのです。
以前はこういう状態にはなることは極めて少なかったのですがこの3年間は安全策はどこかへ消えてしまいました。

理由は二つです。

ひとつは競馬負けても生活に影響していないこと
2点目はメールやブログで自分の予想を見せたい。

この2点が大きな理由です。

まず月に数万円負けても自分の生活にはほとんど影響がないということです。
かつて経験したギリギリの数年間の生活で負けられないとやっていた競馬と現在のような収入が安定して余裕でやっている競馬とは違うのですね。

そして自分は的中すると自画自賛して配信するメールやブログ。誰かに褒められたい、もてはやされたい思いから予想するから、馬券は穴思考になっていっています。

単勝の穴なんて滅多に出るものではない。それを知っていても穴思考になっているのです。

さて愚痴りましたが、これを踏まえて来年への抱負というか来年の馬券の買い方を少し改めます。

単勝・複勝メインは変えないのですが、単勝よりも複勝に重きを置きます。
的中率を高めることを主眼にしていきます。

単勝を外しても複勝で元を取るというスタイルが本来の姿だったのですが、この2年間どちらも外す傾向にあります。これが不調の原因なのです。

単勝で外しても複勝が1.5倍あれば元をとれる。単勝1:複勝2が自分のゴールデンルールだったのですから

もうひとつ。予想は前日か朝のうちに終わらせるということです。ブログとメールでの自分の評価など気にしないようにします。

まず儲けなければなりません。数千円でも勝たなけければ意味がないと思うのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする