目黒記念単勝予想表

例年10レースだった今年の2019年のダービーは11R、直後の最終レースに目黒記念が予定されている。
荒れる印象があるレースだが、単勝の印がついたのは上位3番人気まで

スポンサーリンク

あまり荒れるという予想表にはならなかった。

1番のウインテンダネスに注意。またチェスナットコードもそろそろか?
注意が必要

単勝は3点、トリガミに注意、複勝は1点、注意馬2点
馬連ボックス1,4,6,8,10

目黒記念2019年単勝予想表

馬名 性齢  騎手
1   ウインテンダネス 牡6 内田博幸
4     ムイトオブリガード 牡5 *武豊
6     ブラストワンピース 牡4 池添謙一
8     チェスナットコート 牡5 坂井瑠星
10     ルックトゥワイス 牡6 *レーン

追記

スポンサーリンク

ダービー・目黒記念が終わった後に。

そこでブログに追記している。

ダービーは想像通りサートゥルナーリアは勝てなかった。それどころか4着に終わった。
マイケルバローズが大穴を開けた今年のダービー。

1枠にあまり注目が集まらなかったが逃げ・先行が内枠に入るとこんな結果になることは多い。
最初から内枠を通り楽に前に着けるのだから逃げは厳しいにしても、2番手、3番手当たりの馬は
逃げ馬を捕まえてそのままなだれ込むことが多い。

ダービーが1枠優勢なのは誰でも知っていることだが、断然の1番人気と3強と呼ばれた今年のダービーでは
そこは盲点になっていた。

作りだされた1番人気。終わってみればそんな感じがする。

ダービーで基準にしている強い馬は私はディープインパクト。
この馬を基準にしてサートゥルナーリアを比較していた。

どこが違うのか?
それは皐月賞まで圧倒的な勝ち方をしていないことだった。
圧倒的な勝ち方とは最低でも2着馬に2馬身~3馬身以上の差をつけて勝っていることだ。
ディープインパクトの皐月賞での2着馬との差は2馬身半、その前の弥生賞は差がなかったが
その前の若駒Sではなんと5馬身差で勝っている。

次に上りが33秒台がサートゥルナーリアにはないことだ。
これは誰も不安視する今年のダービーだったが結局、結局1.5倍の単勝オッズに
目を奪われ不安視などないと同様だった。

ノーザンファームの運動会と揶揄された今年の春。
頂点ダービーでは連対を果たした2頭は
ノーザンファームでも、社台でもなかった。

競馬の情報過多になっている。ダービーだけは好きな馬を買うと言っていた私は
それでもノーザンファームの馬を買ってしまった。
金曜日までは逃げのリオンリオンかロジャーバローズだった。
予想を重ねるうちに人気馬に偏っていった。

自分の比較する馬と違うパターンの馬が人気になっていたら疑ってかかること
人気に左右されない精神的強さが必要だと思う。

目黒記念は単勝3点推奨馬の1頭10番ルックトワイスが勝ち760円の単勝配当
的中と思いきやなんと7番と買い間違っていた。

予想では4,6,10の3点のはずが、4,6,7になっている。
今日は2重のショックを受けた一日だった。

救いはブログとメール予想では目黒記念を的中させていることだ。
ダービーから予想表を新しくした。

成果は上々だが大きなプラスにならないのが難点。
逆に大きなマイナスにもならない。

このまま行こうと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする