皐月賞1番人気は名前が覚えずらいので嫌った?!

2019年皐月賞の一番人気サートゥルナーリアは当日15時で1.7倍のダントツ人気、ルメール騎手だけいっそう人気に拍車をかけている。

スポンサーリンク

サートゥルナーリアに人気集中しています。

私にはサートゥルナーリアが覚えずらい名前で歴代名馬と並ぶならもう少し覚えやすい名前だろう!
と思います。

誰もが覚えやすい馬名も名馬の条件です。
と勝手なことを言っていますが・・・

本命はファンタジスタ、距離適正で嫌われていますが、スプリングSを使っているのですからさほど考える必要もないと思います。

オッズ分析から予想をすれば7番のヴェロックスになります。
単複馬券を付け足して先ほど買いました。

買った理由はオッズの断層が単勝、複勝、馬連と全部にかかっているためです。通常はこの馬から上位の馬で決着することが多いのですが、私は本命サイドの決着を期待していません。
少しひねってファンタジスタにしたのですが少々不安にかられヴェロックスを抑えで買いました。

この時点で2019年皐月賞は負け様相です。
迷って付け足した馬券が的中することなど稀なので期待はしていません。

順位 馬oz 単1 複1
1 12     12 1.8 3.2 1 12 1.6 1.6
2 4 6.1 1.2 4 5.8 1.2 2 1 2.5 1.1
3 1 7.2 1.4 1 6.9 1.4 3 4 2.7 1.2
4 7 10.3 2.5 7 9.8 2.2 4 7 3.2 1.7

上のようにオッズ分析上位4頭の4位の7番がすべて赤太字になっていますが、こういう場合は7番の勝ち負けになります。

これを書いている間に皐月賞が終わりました。
長い審議の結果、覚えずらい名前の馬が勝ちました。
審議の対象はこの覚えずらい名前の馬でした。
ヴェロックスが勝つことを期待していました。が2着と確定がでました。本命サイドでしたね。

上のオッズ表、上位4頭を掲載しましたが、7番ヴェロックスが馬連、単勝、複勝に断層ができています。

ここより下の馬はほとんどきません。おまけにG1では本命サイドで(4位)より上で決まります。
私のようにいつも穴狙いをしている人間には面白みのないレースということになります。

しかし、これを知りながらファンタジスタを推奨するのもどうかと思いますが、不安になって付け足したのは正解でした。

さて中山開催は今日で終わり次回の東京からは予想はすべてオッズ分析による単複馬券を推奨します。
今年に入り馬連で万馬券は的中していますが、点数が多いことが自分的にはポリシーと合いません。
もう1点は単勝・複勝が本来の自分の姿なのですが、万馬券に少々狂いすぎました。

ギャンブル依存症になりそうなのでこの辺で節制して単複馬券に切り替えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする