弥生賞2019年 消却法で単勝候補は3頭だけ残る。

2019年の弥生賞の傾向から見た勝ち馬の消却法です。結論は3頭が残りました。

スポンサーリンク

アドマイヤマーズ、ファンタジスト、ランスオブプラーナの3頭です。
今年の弥生賞、上位人気が予想されるのはサートゥルナーリ。
傾向からは除外されてしまいました。前走レースがホープフルSから使っていないこと。
そのホープフルSが距離2000mであることが除外された要素です。

しかし、今年の桜花賞の勝ち馬グランアレグリアのように間隔をあけたぶっつけ本番のような馬が強い勝ち方をしたので見切りをつけるのは危険だとも思います。

私の予想は当日のオッズから予想をします。傾向は参考程度ですが、人気になるならサートゥルナーリは買いません。
当日の人気次第ですが、先に挙げた3頭の中から1頭をあげます。

前走入線順位別

前走順位 着別度数
前走1着 8- 0- 0- 0/ 8
前走2着 2- 0- 0- 0/ 2

集計期間:2009. 4.19 ~ 2018. 4.15

1 前走3着以下

ブレイキングドーン,クラージュゲリエ,タガノディアマンテ,ニシノデイジー,クリノガウディー,ラストドラフト,ナイママ


前走レース名別

前走レース名 着別度数
共同通信G3 4- 0- 0- 0/ 4
スプリンG2 4- 0- 0- 0/ 4
弥生賞G2 1- 0- 0- 0/ 1
毎日杯G3 1- 0- 0- 0/ 1

集計期間:2009. 4.19 ~ 2018. 4.15
ソート:着別度数順

アドマイヤジャスタ,サートゥルナーリア,サトノルークス,ダディーズマインド,ヴェロックス

前走距離別

前走距離 着別度数
1800m 9- 0- 0- 0/ 9
1900m 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 1- 0- 0- 0/ 1

集計期間:2009. 4.19 ~ 2018. 4.15

アドマイヤジャスタ,サートゥルナーリア,サトノルークス,シュヴァルツリーゼ,ナイママニシノデイジー,ブレイキングドーン,メイショウテンゲン,ラストドラフト,ヴェロックス


前走馬体重別

前走馬体重 着別度数
460~479kg 3- 0- 0- 0/ 3
480~499kg 3- 0- 0- 0/ 3
500~519kg 2- 0- 0- 0/ 2

集計期間:2009. 4.19 ~ 2018. 4.15

ナイママ、ラストドラフト、エメラルファイト、ダノンキングリー、メイショウテンゲン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする