中央競馬・地方競馬の単勝複勝馬券を購入する馬券ライフ実践ブログ。

競馬で失ったもの。

2017/03/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
競馬歴は長いそして負け続けていた。 ある時、馬主や馬券生活者と呼ばれる人々は単勝で勝負をしていると聞く。 単勝馬券に関する本をかなり読みこんだ。 そして得た答え。単勝・複勝なら勝てる。 なぜそう考えたのか?たまたま買った単勝馬券がヘヴンリーロマンス。 札幌記念から天皇賞(秋)まで買い続け、結構な配当を得た。 この時から勝つ馬はどれかを考えるようになった。 レースでは買った単勝馬券の馬を最初から最後まで追い続ける。 他の馬は一切目に入らない。 この馬券が私にはあっている。 勝つか、負けるかこの単純で潔い馬券が単勝だ。 単勝馬券に固執しているが、2019年、仕事の関係で 予想時間がないため。オッズ馬券予想に変更。 単勝は外すが、馬連万馬券、複勝500円付近の 馬券的中が多くなっている。 単勝馬券人 河内 聡嗣

家族 お金 友人 信頼 職業

私が競馬を始めたのは遅く、28歳の時に初めて馬券を買った。

競馬好きの先輩に無理やり連れて行かれたのが最初だった。

その時の予想法はスピード指数。スピード指数上位馬のボックスを買っていれば、そこそこの配当を得られたものだ。

今では当たり前の予想手段だが当時は画期的だった。

競馬の格言で馬券を買っていた時期もあった。

キルクルの法則にもよくであった。人気馬の隣枠にもよくであった。

何度負けても楽しかった。

それ以上に的中した時の感動が負けた悔しさを一掃してくれたのだ。

その後くる「数々の失態」と「借金地獄」の予兆を私は知りながらも見ないふりをしてきた。

一番大事な家族を私は忘れていたのだ!

                            次回へ

この記事を書いている人 - WRITER -
競馬歴は長いそして負け続けていた。 ある時、馬主や馬券生活者と呼ばれる人々は単勝で勝負をしていると聞く。 単勝馬券に関する本をかなり読みこんだ。 そして得た答え。単勝・複勝なら勝てる。 なぜそう考えたのか?たまたま買った単勝馬券がヘヴンリーロマンス。 札幌記念から天皇賞(秋)まで買い続け、結構な配当を得た。 この時から勝つ馬はどれかを考えるようになった。 レースでは買った単勝馬券の馬を最初から最後まで追い続ける。 他の馬は一切目に入らない。 この馬券が私にはあっている。 勝つか、負けるかこの単純で潔い馬券が単勝だ。 単勝馬券に固執しているが、2019年、仕事の関係で 予想時間がないため。オッズ馬券予想に変更。 単勝は外すが、馬連万馬券、複勝500円付近の 馬券的中が多くなっている。 単勝馬券人 河内 聡嗣

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 馬券ライフ志向!毎日馬券を買おう。 , 1970 All Rights Reserved.