単勝・複勝は儲けがあるのか?

単勝馬券を買う人、馬連などの2連や3連で馬券を買う人。競馬をする人たちは自分の好きな馬券を買えばいい。
ただし、馬券生活を実現したいと思う人、すでに馬券生活をしている人はこの馬券種選びが重要な選択になる。

単勝や複勝で勝負をする人は掛け金が多くなる。3連単のような爆発力がないからだ。
単勝2.0倍の馬に勝負をして儲けようとすると目標額にもよるが、10万かけて20万儲けは10万円

的中すればいいが2.0倍の馬が必ず1着になるわけではない。損失は大きい。
もっとも資金が数百万もあれば余裕だろうが、現実の馬券生活ではそれほど資金があるとは思えない。

横道にそれるが、馬券裁判で有名になった人もいるが、彼は馬券生活者ではなかった。
一日に数千万も馬券を買える人はいない。
「狂気の沙汰」と考えるのが普通ではあるが、自分の予想に十分な実績があり、儲かっていたからだろう。
彼が使っていたソフトが人気になっているそうだが、ほかの人が使っても同じ成績を出せるかは疑問だ。

馬券裁判にならないまでも、馬券を買うときに一番先に考えなければならないのは手持ち資金だ。
十分な資金があるときは単勝・複勝で儲けが出るだろう。
当たる確率は高いのだから。

だが、今の馬券の売れ行きは馬連から3連単が主流だ。
単勝や複勝など万単位じゃなく手を広げた馬券を低い掛け金で買う。的中した時の儲けは多い。
しかし、3連単などは当たりにくいという特性もある。

一日に何レース買うか?
ここも大事なポイントになるだろう。

単勝・複勝を買う私は重賞レースしか買わない。
十分だとは言えない資金を一日12レース単勝で勝負するわけにはいかない。

一般の競馬ファンは1レースから12レースまで馬券を買う人が多いだろう
3連単を100円単位で数十点というのが普通だろ思う。

私も馬券生活をする前はそんな買い方をしていた。
しかし、勝てない。獲れないが続いた。
下手だと言われればそれまでだが、あまりに当たらなくて競馬が楽しくなくなった時期もあった。

それがある本をきっかけに単勝・複勝を基本に買っていると負けが少なくなった。
それどころか年間収支がプラスに代わっていった。

資金が豊富にあったわけではないが、それでも小旅行に行くくらいの資金はできた。

それからの私は馬券の買い方が変わった。
購入レースを減らすこと。
減らしたレースの資金を集中すること
ダートは買わないこと
1番人気は買わないこと

これを徹底してやってきた。
現在購入レースは重賞のみ。
資金は1レース1万以上

これが今の馬券購入状況だ。